版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
グローバル・ガバナンス学Ⅰ 理論・歴史・規範 グローバル・ガバナンス学会(編集) - 法律文化社
..

書店員向け情報 HELP

グローバル・ガバナンス学Ⅰ 理論・歴史・規範 (グローバルガバナンスガクイチリロンレキシキハン)

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:法律文化社
A5判
278ページ
定価 3,800円+税
ISBN
978-4-589-03880-7   COPY
ISBN 13
9784589038807   COPY
ISBN 10h
4-589-03880-3   COPY
ISBN 10
4589038803   COPY
出版者記号
589   COPY
Cコード
C3031  
3:専門 0:単行本 31:政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年12月29日
最終更新日
2018年2月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

国際秩序のあり方に着目し、見取り図を描く―
グローバル・ガバナンス学会5周年記念事業の一環として、研究潮流の最前線を示す。


[目次]

序章 グローバル・ガバナンス―国際秩序の「舵取り」の主体と方法〔大矢根 聡〕
■1 理論―グローバル・ガバナンス論の再検討
第1章 グローバル・ガバナンス論再考―国際制度論の視点から〔古城 佳子〕
第2章 国際秩序と権力 〔初瀬龍平〕
第3章 グローバル・ガバナンスと民主主義―方法論的国家主義を超えて〔田村 哲樹〕
第4章 グローバル・ガバナンスとしてのサミット―政策調整「慣行」の視角から〔大矢根 聡〕

■2 歴史―戦後国際関係史への視座
第5章 覇権システムとしての冷戦とグローバル・ガバナンスの変容〔菅 英輝〕
第6章 イギリス帝国からのコモンウェルスへの移行と戦後国際秩序〔山口 育人〕
第7章 「開発」規範のグローバルな普及とリージョナル・アプローチ―アジア開発銀行(ADB)創設を事例にして〔鄭 敬娥〕
第8章 戦争とグローバル・ガバナンス―戦争違法化は平和への進歩か?〔三牧 聖子〕

■3 規範―規範創出・転換をめぐる外交
第9章 貿易自由化ガバナンスにおける多角主義と地域主義―マルチエージェント・シミュレーションによる行動規 範の分析〔鈴木 一敏〕
第10章 ウクライナ危機とブダペスト覚書―国際規範からの逸脱をめぐる国際社会の対応〔東野 篤子〕
第11章 国連海洋法条約と日本外交―問われる海洋国家像〔都留 康子〕
第12章 日本による人間の安全保障概念の普及―国連における多国間外交〔栗栖 薫子〕

著者プロフィール

大矢根 聡   (オオヤネサトシ)  (著/文 | 編集

大矢根 聡(同志社大学法学部教授)

菅 英輝  (カンヒデキ)  (著/文 | 編集

菅 英輝(京都外国語大学客員教授)

松井 康浩  (マツイヤスヒロ)  (著/文 | 編集

松井 康浩(九州大学大学院比較社会文化研究院教授)

古城 佳子  (コジョウヨシコ)  (著/文

古城 佳子(東京大学大学院総合文化研究科教授)

初瀬 龍平  (ハツセリュウヘイ)  (著/文

初瀬 龍平(京都女子大学客員教授)

田村 哲樹  (タムラテツキ)  (著/文

田村 哲樹(名古屋大学大学院法学研究科教授)

山口 育人  (ヤマグチイクト)  (著/文

山口 育人(奈良大学文学部准教授)

鄭 敬娥  (ジョンキョンア)  (著/文

鄭 敬娥(大分大学教育学部准教授)

三牧 聖子  (ミマキセイコ)  (著/文

三牧 聖子(高崎経済大学経済学部准教授)

鈴木 一敏  (スズキカズトシ)  (著/文

鈴木 一敏(広島大学大学院社会科学研究科准教授)

東野 篤子  (ヒガシノアツコ)  (著/文

東野 篤子(筑波大学人文社会系准教授)

都留 康子  (ツルヤスコ)  (著/文

都留 康子(上智大学総合グローバル学部教授)

栗栖 薫子  (クルスカオル)  (著/文

栗栖 薫子(神戸大学大学院法学研究科教授)

上記内容は本書刊行時のものです。