版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
対抗言論 反ヘイトのための交差路 1号 杉田 俊介(編) - 法政大学出版局
.

対抗言論 反ヘイトのための交差路 1号 ヘイトの時代に対抗する

A5判
346ページ
並製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-588-61611-2
Cコード
C0336
一般 全集・双書 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年12月23日
書店発売日
登録日
2019年11月6日
最終更新日
2019年12月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

私たちはいま、ヘイトの時代を生きている。外国人・移民に対するレイシズム、歴史の改竄、性差別、障害者・生活保護受給者・非正規労働者への差別などが複雑に絡み合い、すべてが「自己責任」で揉み消されてゆく殺伐たる社会で、私たちはどうすれば隣人への優しさや知性を取り戻せるのか。分断統治をこえて、一人ひとりが自己解放の言葉をつむぐ努力の一歩として、この雑誌は始まる。年1号刊行予定。

目次

〈座談会〉日本のヘイト社会にいかに対抗しうるのか 【中沢けい+川村湊+杉田俊介+櫻井信栄】

《特集①》日本のマジョリティはいかにしてヘイトに向き合えるのか

〈われわれ〉のハザードマップを更新する──誰が「誰がネットで排外主義者になるのか」と問うのか 【倉橋耕平】

あらゆる表現はプロパガンダなのか?──汎プロパガンダ的認識の世界のなかで 【藤田直哉】

〈小説〉二〇一三年 【櫻井信栄】

分断統治に「加担しない」ために──星野智幸氏インタビュー 【聞き手】杉田俊介

被差別者の自己テロル──檀廬影『僕という容れ物』論 【赤井浩太】

「ネオリベ国家ニッポン」に抗して──テロ・ヘイト・ポピュリズムの現在 【浜崎洋介】

差別の哲学について 【堀田義太郎】

〈紀行文〉アジアの細道──バンコク、チェンマイ、ハノイ、ホーチミン市 【藤原侑貴】

《特集②》歴史認識とヘイト────排外主義なき日本は可能か

歪んだ眼鏡を取り換えろ──「嫌韓」の歴史的起源を考える 【加藤直樹】

戦後史の中の「押しつけ憲法論」──そこに見られる民主主義の危うさ 【賀茂道子】

朝鮮人から見える沖縄の加害とその克服の歴史 【呉世宗】

われわれの憎悪とは──「一四〇字の世界」によるカタストロフィと沈黙のパンデミック 【石原真衣】

アイヌのこと、人間のこと、ほんの少しだけ 【川口好美】

ヘイト・スピーチの論理構造──真珠湾とヒロシマ、加害者と被害者のあいだで 【秋葉忠利】

「だったらあんたが書いてくれ」と言わないために 【康潤伊】

《特集③》移民・難民/女性/LGBT────共にあることの可能性

不寛容の泥沼から解放されるために──雨宮処凜氏インタビュー 【聞き手】杉田俊介

フェミニズムと「ヘイト男性」を結ぶ──「生きづらさを生き延びるための思想」に向けて 【貴戸理恵】

黄色いベスト運動──あるいは二一世紀における多数派の民衆と政治 【大中一彌】

収容所なき社会と移民・難民の主体性 【高橋若木】

やわらかな「棘」と、「正しさ」の震え 【温又柔】

LGBTと日本のマジョリティ──遠藤まめた氏インタビュー 【聞き手】杉田俊介

NOT ALONE CAFE TOKYOの実践から──ヘイトでなく安全な場を 【生島嗣+植田祐介+潟見陽+ルーアン】

反ヘイトを考えるためのブックリスト42 【本誌編集委員&スタッフ+ヘイトスピーチと排外主義に加担しない出版関係者の会】

執筆者紹介/クラウドファンディングの御礼とご報告

著者プロフィール

杉田 俊介  (スギタ シュンスケ)  (

一九七五年神奈川生。批評家。『宮崎駿論』(NHKブックス)、『ジョジョ論』『戦争と虚構』(作品社)、『長渕剛論』(毎日新聞出版)、『無能力批評』(大月書店)、『非モテの品格』(集英社新書)、『安彦良和の戦争と平和』(中公新書ラクレ)ほか。

櫻井 信栄  (サクライ ノブヒデ)  (

一九七四年神奈川生。日本文学研究者、日本語教師、韓国語翻訳者。小説「吃音小説」(『三田文学』一九九九年冬季号)、共著『在日コリアン文学と祖国』(建国大学校アジア・ディアスポラ研究所)、論文「金鶴泳文学と民族差別について」(『日本文化学報』64)ほか。

川村 湊  (カワムラ ミナト)  (編集協力

一九五一年、北海道生。文芸批評家。法政大学名誉教授。著書『異郷の昭和文学』(岩波新書)、『戦争の谺』(白水社)、『韓国・朝鮮・在日を読む』『震災・原発文学論』『ハポネス移民村物語』(インパクト出版会)、『川村湊自撰集』全五巻(作品社)ほか。

追記

■執筆者
中沢けい(ナカザワ ケイ)
一九五九年神奈川生。七八年、小説『海を感じる時』で群像新人文学賞受賞。八五年、『水平線上にて』で野間文芸新人賞受賞。法政大学文学部教授。『楽隊のうさぎ』(新潮文庫)、『女ともだち』(講談社文芸文庫)、『アンチヘイト・ダイアローグ』(人文書院)ほか。

倉橋耕平(クラハシ コウヘイ)
一九八二年生。関西大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。博士(社会学)。立命館大学ほか非常勤講師。社会学・メディア文化論・ジェンダー論。『歴史修正主義とサブカルチャー』(青弓社)、共著『歪む社会』(論創社)、『ネット右翼とは何か』(青弓社)。

藤田直哉(フジタ ナオヤ)
一九八三年札幌生。批評家。日本映画大学専任講師。『虚構内存在』『シン・ゴジラ論』(作品社)、『新世紀ゾンビ論』(筑摩書房)、『娯楽としての炎上』(南雲堂)、編著『ららほら』(響文社)、共編著『地域アート』(堀之内出版)ほか。

星野智幸(ホシノ トモユキ)
一九六五年生。小説家。九七年『最後の吐息』でデビュー。『だまされ屋さん』を読売新聞夕刊にて連載中(2019年現在)。『焰』『俺俺』(新潮社)、『呪文』(河出書房新社)、『夜は終わらない』(講談社)、四巻本の自選作品集『星野智幸コレクション』(人文書院)ほか。

赤井浩太(アカイ コウタ)
一九九三年東京生。批評家。批評集団「大失敗」所属。「日本語ラップfeat.平岡正明」(第二回すばるクリティーク賞)、「谷川雁の天啓詩」(『すばる』二〇一九年九月号)。

浜崎洋介(ハマサキ ヨウスケ)
一九七八年生。東京工業大学大学院博士課程修了。文芸批評家。『表現者クライテリオン』編集委員。日本大学非常勤講師。『反戦後論』(文藝春秋)、『福田恆存 思想の〈かたち〉』(新曜社)、共著『アフター・モダニティ──近代日本の思想と批評』(北樹出版)ほか。

堀田義太郎(ホッタ ヨシタロウ)
一九七四年生。東京理科大学講師。共訳D・ヘルマン『差別はいつ悪質になるのか』(法政大学出版局)、論文「何が差別を悪くするのか」(『倫理学年報』59号)、「ベンジャミン・アイデルソン『差別とディスリスペクト』の紹介と検討」(『女性・戦争・人権』18号、近刊)ほか。

藤原侑貴(フジワラ ユウキ)
一九八九年東京生。作家。法政大学大学院人文科学研究科日本文学専攻修士課程修了。小説「通りゃんせ」(第三〇回織田作之助青春賞)、「帰郷」(第三二回日大文芸賞佳作受賞)。

加藤直樹(カトウ ナオキ)
一九六七年東京生。出版社勤務を経てフリーランスに。『九月、東京の路上で──1923年関東大震災ジェノサイドの残響』『TRICK──トリック 「朝鮮人虐殺」をなかったことにしたい人たち』(ころから)、『謀叛の児──宮崎滔天の「世界革命」』(河出書房新社)、共著『NOヘイト!』(ころから)ほか。

賀茂道子(カモ ミチコ)
名古屋大学大学院環境学研究科特任講師。博士(法学)。日本政治外交史、占領史研究。著書 『ウォー・ギルト・プログラム──GHQ情報教育政策の実像』(法政大学出版局)、論文「占領初期における新聞懇談会の意義」(『人間環境学研究』)ほか。

呉世宗(オ セジョン)
一九七四年生。在日朝鮮人文学研究。琉球大学教員。『リズムと抒情の詩学──金時鐘と「短歌的抒情の否定」』(生活書院)、『沖縄と朝鮮のはざまで──朝鮮人の〈可視化/不可視化〉をめぐる歴史と語り』(明石書店)。

石原真衣(イシハラ マイ)
一九八二年サッポロ生。母方の祖母がアイヌ、父方の祖母は会津藩士の出自。アメリカ留学を経て大学卒業後、英語教員として勤務。北海道大学大学院に進学し博士号取得。同大学文学研究院専門研究員。文化人類学。『〈沈黙〉 の自伝的民族誌』(近刊、北海道大学出版会)。

川口好美(カワグチ ヨシミ)
一九八七年大阪生。文芸批評。作品「不幸と共存──シモーヌ・ヴェイユ試論」(『群像』二〇一六年一二月号、第60回群像新人評論賞優秀作)、「〈内部の人間〉の革命──中野重治再考」(『てんでんこ』第10・11号)ほか。

秋葉忠利(アキバ タダトシ)
一九四二年東京生。元衆議院議員、前広島市長、元平和市長会議会長、広島県原水禁代表委員。数学者。二〇一〇年、マグサイサイ賞受賞。『ヒロシマ市長』(朝日新聞出版)、『新版 報復ではなく和解を』(岩波書店)、『数学書として憲法を読む』(法政大学出版局)ほか。

康潤伊(カン ユニ)
一九八八年東京生。専門は在日朝鮮人文学、日本近現代文学。共編著『わたしもじだいのいちぶです──川崎桜本・ハルモニたちがつづった生活史』(日本評論社)、論文「となりあう承認と排除」(『日本近代文学』101)ほか。

雨宮処凜(アマミヤ カリン)
一九七五年北海道生。作家・活動家。フリーターなどを経て二〇〇〇年、『生き地獄天国』(太田出版、ちくま文庫所収)にてデビュー。『生きさせろ! 難民化する若者たち』(太田出版、ちくま文庫所収)、『「女子」という呪い』(集英社クリエイティブ)ほか。

貴戸理恵(キド リエ)
一九七八年生。関西学院大学社会学部教員。アデレード大学博士課程卒業(PhD)。専門は不登校の「その後」研究。「生きづらさ」「当事者」などをキーワードに個人と社会のつながりを考察。『「コミュ障」の社会学』(青土社)、『不登校は終わらない』(新曜社)ほか。

大中一彌(オオナカ カズヤ)
一九七一年生。パリ第10大学博士(哲学)。法政大学教授。政治学・政治思想。論文に「自発的隷従とは何か」(『20世紀の思想経験』法政大学出版局)、訳書にバリバール 『ヨーロッパ、アメリカ、戦争』(平凡社)、ノワリエル『フランスという坩堝』(法政大学出版局)ほか。

高橋若木(タカハシ ワカギ)
一九八〇年埼玉生。大学講師。論文「「三・一一後」とは別様に」(『情況』二〇一九年春号)、「二◯一一年以後と六八年革命」(『変革のアソシエ』№26、社会評論社)、共著『社会はどう壊れていて、いかに取り戻すのか』(同友館)ほか。

温又柔(オン ユウジュウ)
一九八〇年台北市生。小説家。著書に『台湾生まれ 日本語育ち』『来福の家』(白水Uブックス)、『真ん中の子どもたち』(集英社)、『空港時光』(河出書房新社)、『「国語」から旅立って』(新曜社)ほか。

遠藤まめた(エンドウ マメタ)
一九八七年埼玉生。十代後半よりLGBTの子ども・若者支援等に取り組む。『先生と親のためのLGBTガイド──もしあなたがカミングアウトされたなら』(合同出版)、『オレは絶対にワタシじゃない──トランスジェンダー逆襲の記』(はるか書房)ほか。

生島嗣(イクシマ ユズル)
NPOぷれいす東京代表。HIVやメンタルヘルスなどのテーマに関わる。社会福祉士。

植田祐介(うえだ ゆうすけ)
一九七四年大阪生。韓国西江大学卒。韓国語翻訳者。

潟見陽(カタミ ヨウ)
グラフィックデザイナー。アジアのクィアなzineや書籍の出版・販売・収集を行うloneliness booksを運営。

ルーアン
台湾出身。Not Alone Cafeでは中国語を担当。

ヘイトスピーチと排外主義に加担しない出版関係者の会
二〇一四年結成。他民族や少数者への敵意を煽る「ヘイト本」の横行に対し、出版業界の責任を問う提言活動を続ける。別名BookLovers Against Racism(BLAR)。編著『NOヘイト! 出版の製造者責任を考える』(ころから)。

上記内容は本書刊行時のものです。