版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
歴史をどう語るか 小倉 孝誠(著) - 法政大学出版局
.

書店員向け情報

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|八木
直接取引: あり(その他)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784588352362

歴史をどう語るか 近現代フランス、文学と歴史学の対話

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
324ページ
上製
価格 3,200円+税
ISBN
978-4-588-35236-2   COPY
ISBN 13
9784588352362   COPY
ISBN 10h
4-588-35236-9   COPY
ISBN 10
4588352369   COPY
出版者記号
588   COPY
Cコード
C1098
教養 単行本 外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年8月11日
書店発売日
登録日
2021年6月25日
最終更新日
2021年8月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

大革命以降の二世紀間、フランスの文学と歴史学は、旧い世界の神話を解体し、新しい社会の現実を表象・再現・記録しようとしてきた。法や文明を問うユゴーやフロベールらの実験小説、ミシュレからコルバンにいたる社会史、そして近年の「エグゾフィクション」の流行に至るまで、リアリズムと虚構の方法を発明し、互いに深く影響しあった両者の関係を、19世紀文学研究の第一人者が描き出す。

目次

序論 文学と歴史学の対立を超えて
 アリストテレス『詩学』
 文学にとっての歴史学
 歴史学にとっての文学
 本書の構成

第一部 文学における歴史の表象

第1章 歴史としての現在──リアリズム文学の射程
 リアリズム文学とは何か
 革命後の世界を読み解く
 現在に続く歴史
 習俗を描く歴史家
 習俗の表象から「生理学」へ
 危険な集団の文学的登場
 蛮族から民衆ヘ

第2章 文学はいかにして歴史の神話を解体するか
 年代記から歴史学へ
 英雄の不在
 ナポレオン三世の表象
 差異と反復
 近い過去の歴史化
 歴史を読み解く

第3章 文学、法、歴史──ユゴー『死刑囚最後の日』

Ⅰ ユゴーの位置と死刑にたいする立場表明
 国民的作家ユゴー
 作品の成り立ち
 ユゴーの立場

Ⅱ 作品の歴史的位相
 死刑制度をめぐる論争
 死刑制度の変遷
 フランス革命とギロチンの誕生

Ⅲ 作品の主題と構造
 自己を語る犯罪者
 死刑囚であるということ
 徒刑という制度
 死刑囚の苦悶と恐怖
 死刑台への歩み
 祝祭と群衆

Ⅳ 小説技法の刷新
 日記体小説の嘴矢
 断片性の美学
 隠語の機能

Ⅴ ユゴー以後の文学と監獄

第4章 フロベールと歴史のエクリチュール
 フロベールの歴史への関心
 歴史の認識論から歴史小説へ
 同時代の歴史小説をどう読んだか
 歴史家をどう読んだか
 『サラムボー』──叙事詩と歴史
 文明と野蛮
 歴史学の流れに抗して
 『感情教育』から『ブヴァールとペキュシェ』へ

第5章 第二次世界大戦と現代文学
 現代小説と歴史
 文学から歴史学への越境──リテル、エネル
 現代文学と第二次世界大戦への関心
 ナチスを語る

第二部 歴史学と文学へのいざない

第6章 十九世紀における歴史叙述の思想と詩学
 歴史認識論の現在地
 ロマン主義歴史学の誕生
 「起源」の探求に魅せられた時代
 フランス革命を問いかける
 歴史叙述の詩学
 ジュール・ミシュレの位置
 実証主義歴史学に向けて
 二十世紀──実証主義への疑義

第7章 フランス史における英雄像の創出
 アラン・コルバンの一冊の書物
 パンテオンというモニュメント
 十九世紀と偉人の創出
 教育制度と歴史学
 記念碑の時代
 偉人たちの盛衰
 二十世紀の状況──変化と恒常性
 偉人の政治的効用
 坂本龍馬と織田信長
 日本における偉人の伝統

第8章 アラン・コルバンと歴史学の転換
 歴史学界におけるコルバンの位置
 感性の歴史の系譜
 コルバンの仕事──五つの領域
 例外的な試み
 集大成と発掘
 コルバンの欠落?
 コルバンと十九世紀文学

第9章 現代の歴史家と文学の誘惑
 歴史学からの反応
 文学と歴史学の関係──その過去と現状
 歴史学の底流
 アラン・コルバンの位置
 イヴァン・ジャブロンカと「方法としての私」
 歴史書から小説ヘ──アントワーヌ・ド・ベックの試み
 不在者の声

初出一覧
あとがき

人名索引

著者プロフィール

小倉 孝誠  (オグラ コウセイ)  (

1956年生まれ。東京大学大学院博士課程中退、パリ・ソルボンヌ大学文学博士。現在、慶應義塾大学教授。専門は近代フランスの文学と文化史。著書に『ゾラと近代フランス』『革命と反動の図像学』(以上、白水社)、『写真家ナダール』『愛の情景』『身体の文化史』(以上、中央公論新社)、『犯罪者の自伝を読む』(平凡社新書)、『パリとセーヌ川』(中公新書)、『近代フランスの誘惑』(慶應義塾大学出版会)、『「感情教育」歴史・パリ・恋愛』(みすず書房)、『歴史と表象』(新曜社)など、編著に『世界文学へのいざない』(新曜社)、訳書にユルスナール『北の古文書』(白水社)、アラン・コルバン監修『身体の歴史 II』(監訳、藤原書店)、フローベール『紋切型辞典』(岩波文庫)、ルジュンヌ『フランスの自伝』(法政大学出版局)など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。