版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
玉ころがし 杉山 一夫(著) - 法政大学出版局
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|八木
直接取引: あり(その他)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784588218811

玉ころがし

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
370ページ
上製
価格 3,200円+税
ISBN
978-4-588-21881-1   COPY
ISBN 13
9784588218811   COPY
ISBN 10h
4-588-21881-6   COPY
ISBN 10
4588218816   COPY
出版者記号
588   COPY
Cコード
C0320  
0:一般 3:全集・双書 20:歴史総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年7月22日
書店発売日
登録日
2022年6月8日
最終更新日
2022年7月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

永井荷風、尾崎紅葉、田村松魚、前田河広一郎、広津和郎、林芙美子、谷譲次、川崎長太郎、川端康成……。さまざまな文人たちによって記録された遊技「玉ころがし」とは何か。明治初期、香具師の露天営業で流行し、「ジャパニーズ・ローリング・ボール」としてアメリカへ伝播し、「スキー・ボール」にかたちを変え今日まで継承される。パチンコ誕生以前に興隆し消えていった幻の遊技の歴史をたどる。

目次

相関図(バガテールの発展)

はじめに

第1章 ビリヤード(玉突き)とバガテール(玉ころがし)の起源
玉乃一熊『撞球指南』/東山昌川『球の撞き方』/江戸後期、ビリヤードとバガテールの伝来/バガテールになったビリヤード/シェイクスピア以前のビリヤード名称

第2章 江戸末期、バガテールが玉ころがしとなる
石井研堂『明治事物起原』/万延元年のハワイとジャカルタの「ビレタイホ」の記録/「貞秀版下西洋人玉突の圖」/広重の「異人玉轉之圖」/「大投玉」広告/日本版バガテール「玉ころがし」と「擲玉戯」

第3章 明治一一年、玉ころがし、新聞初登場
日本版バガテール使用の「博奕撞球」/明治一一年九月、玉ころがし、新聞初登場/明治一二年六月の東京市営業統計/明治一二年六月、宇津木信夫訳『弄玉集』/明治一二年のビリヤード場と吹矢場の鑑札

第4章 木村荘八『東京の風俗』の玉ころがし
明治一二年、東京市中での玉轉営業願い/明治一三年一月、「玉轉」の玉は一二個であった/明治一三年、初の玉転がしの戯れ唄「カタン轉/\の感」/明治一三年の営業税雑種税

第5章 明治一五年五月、玉ころがし営業に警察の鑑札
玉ころがしの鑑札/「二等球戯場」のパチンコ遊技場/明治一五年九月、玉轉し博奕で六三人逮捕/明治一七年、『明治事物起原』の「玉突十店」/明治一九年、『歐米 玉突指南』の玉ころがし/明治二〇年五月、南傳馬町の玉轉がしの店/明治二〇年六月、玉轉がしの玉を投げ、捕まる/明治二〇年七月、いかさま玉轉し臺/明治二二年六月、岡崎町の玉轉がし/明治二四年頃、川北徳三郎の玉ころがしの見張り番

第6章 尾崎紅葉『紫』の玉転がし
明治二二年九月、百余名の捕縛/明治二三年五月、大弓塲等の請願と玉轉営業差し止め/明治二五年一一月、雑誌『玉胡蘆雅誌』第一巻発刊/明治二六年三月、電氣表(票)決器の玉ころがしの音/明治二七年、尾崎紅葉『紫』の玉転がし景品/明治二七年頃、小出楢重『めでたき風景』の球ころがし/明治二九年五月、「令孃氣質(玉ころがし)」

第7章 明治二九年、櫛引弓人が玉ころがしをアメリカへ
明治二九年、玉ころがしアトランティックシティ初登場!/『米国日系人百年史』/活動写真と新居三郎/櫛引弓人の生涯/竹越與三郎『倦鳥求林集』/櫛引弓人の死去報道

第8章 明治三四年、片山潜『渡米案内』
明治三〇年一一月、「淺草區の顔役と其収入」/明治三一年七月、神奈川県令の「玉投」「玉転」/明治三一年一二月の玉突き競技会/明治三二年の玉突き場/『宇都宮繁盛記』の玉転し/片山潜『渡米案内』

第9章 米国の玉ころがし、台湾の玉ころがし、朝鮮の玉突き
明治三四年、パンアメリカン博覧会の玉ころがし/櫛引がバッファローで路面電車に轢かれる/新居三郎の友情/明治三五年、マディソン・スクエア・ガーデンの玉ころがし/明治三六年、アトランティックシティの玉ころがし取締り/台湾の玉ころがし、朝鮮の玉突き/明治三七年、コニーアイランドの玉ころがし場写真/澤田ミチコ『東京ライフ、ニューヨークの夢』/明治三七年、チャリティの玉ころがし

第10章 明治三七年、セントルイス万博の玉ころがし
明治三七年四月三〇日、セントルイス万博開会/秋田江畔の「聖博雜記(一)」/星新一『明治・父・アメリカ』/秋田江畔の「聖博雜記(二)」/秋田江畔の「聖博雜記(三)」の玉ころがし

第11章 永井荷風と田村松魚の玉ころがし
明治三八年、バガテールに似た「ボール・ゲーム」記事/明治三八年、ホームストアの広告に登場する「ピンポン・ゲーム」/明治三九年のミルズ社の玉ころがし場/明治四〇年、ジャパニーズ・ピンポン・パーラー/永井荷風「暁」の玉転し/明治四一年、『風俗画報』のコニーアイランド/明治四二年、田村松魚の「ジャパニース、ボーリング、ゲーム」/田村松魚「靑年の稼ぎ振」/『あめりか物語』と『北米の花』と『歐米漫遊雑記』/元祖メリケンジャップ、田村松魚/瀬戸内晴美『田村俊子』

第12章 明治四〇年、前田河広一郎の玉ころがし
前田河広一郎「騒音地獄」/『青春の自画像』の玉ころがし/『コリントゲームと人生劇場』

第13章 明治四〇年、「スキー・ボール」発明さる!
ジャパニーズ・ピンポンと、ボーリング・ゲームとローリング・ボール/フィッシャーマンズ・ワーフ・ピア39のスキー・ボール/明治四〇年、最初のスキー・ボール特許/『景品につられて─美しいゲーム、スキー・ボールの実話』/明治四二年、現在のスキー・ボールの原型発売/明治四二年六月、「世界見物」、日本の玉轉がし/アラスカ・ユーコン・太平洋博覧会の玉ころがし/明治四三年、帝国ホテルで英人テーラーの玉突会/明治四五年六月二日『毎日申報』の日勝亭広告/明治四五年、岡雷平「南洋の玉轉がし」/大正三年出願実用新案「戰勝記念娯樂器」/ギブソンが明かす、いかさまドロップケース「玉落とし」/名古屋地方裁判所検事局検事が記した「玉ころがし」/大正二年、佐野實の「南洋の玉轉し」

第14章 日米の玉ころがし特許と大正五年のスキー・ボール改良特許
大正元年頃、坪内士行「なすな恋」の玉ころがし/盆形の板とキュー/大正二年のフィラデルフィアの「TAMAYA」/大正四年の玉ころがし改良の実用新案「球戲盤」/大正五年のスキー・ボール改良特許/大正六年、アメリカでの玉ころがし特許出願/大正八年、玉ころがし他、チャンスゲーム禁止

第15章 大正一〇年、中山岩太夫妻、ライビーチで玉ころがし
大正七年、ワイルドウッドの「スキー・ボール」と「玉ころがし」広告/中山岩太夫妻の一時間写真、糸引き、玉ころがし/広津和郎、「自動楽器」を聞く/大正一〇年、広津和郎、射的屋の隣の「球ころがし」で遊ぶ/大正一一~一五年、林芙美子『放浪記』の玉転がし/辻潤、辻まこと、林芙美子が見たパリの玉ころがし/大正一一年、ダダイスム?の玉ころがし新聞記事

第16章 大正一〇年、めりけんじゃっぷ、長谷川海太郎の玉ころがし
横尾忠則装幀の『一人三人全集』/カポネと海太郎/玉ころがしの景品と、玉台の溝、仕掛け/さくらといかさま/ロンドンの玉ころがし/フランスのビヤール・ジャポネのポストカード入手/ジャパニーズ・ローリング・ボールからビヤール・ジャポネへ

第17章 排日移民法下の玉ころがしとスキー・ボール
禁酒法と排日移民法/ギブソンの「ジャパノーラ」記事/ギブソンの「オートマティック・ボウリング・アレイ」記事/排日移民法下の『日米時報』の「費府大博覧會日本村」広告/櫛引博覧会王伝説/排日移民法成立までの経緯/玉ころがし景品と、景品クーポン券/昭和四年、「スキー・ボール」名称商標登録/玉ころがし、スキー・ボール、スキル・ボールの同時広告

第18章 「淺草紅團」の射的、玉ころがし、パチンコ
東京には戦前、パチンコの菓子販売機しかなかった/川端康成「淺草紅團」の射的と玉ころがし/昭和五年、「風鈴キングのアメリカ話」/座敷鉄砲の始め/昭和五年、「東京盛り場風景」の射的と玉ころがし

第19章 松屋スポーツランドのスキイ・ボオリング
昭和六年一月、「玉ころがし」遂に滅ぼさる/昭和七年二月、コニーアイランドの玉ころがし店、延焼/昭和七年三月、パチンコの最初の禁止/昭和七年、川端康成「淺草の九官鳥」のスキイ・ボオリング/サンタモニカ・ピアの遊技場と映画『スティング』

第20章 真珠湾攻撃、玉ころがし消える
昭和八年、玉ころがし賭博、大検挙/昭和一三年、『愛媛県史』に「玉転」あり/全米日系人博物館/昭和一五年、「七・七禁令」から半年後の「慰安・娯楽」/スマートボールの通史がない理由/昭和一六年、映画『市民ケーン』の玉ころがし景品/昭和一七年の「企業整備令」と川崎長太郎の「球ころがし場」/昭和一九年、アメリカの玉ころがしの揶揄記事

第21章 戦後のパチンコと玉ころがし
昭和二一年一月の「日鮮華人二百余が亂闘」/昭和二一年一月の「街頭賭博に母は泣く」/昭和二三年八月の「玉ころがし取締り」/昭和二六年二月の「〝玉ころがし〟取締り」/昭和二六年九月、『神奈川新聞』の各種遊戯の禁止記事/昭和二六年一一月の「玉轉しの許可を停止」/昭和二六年一二月の「「玉轉がし」檢挙」/昭和二七年七月の「朝鮮人三〇名が暴行」

終 章 昭和三三年、最後の玉ころがし
裁判記録から「玉ころがしトバク」の実態/景品交換をめぐって/吉行淳之介の球ころがし

あとがき
参考文献
人名索引

著者プロフィール

杉山 一夫  (スギヤマ カズオ)  (

1950年、横須賀市生まれ。1972年、同市在住の、若江漢字・栄戽夫妻に銅版画の手ほどきを受ける。以後独学で内外の国際展に出品。アンダーワールドの女性たちを描き、1982年、日本版画協会奨励賞受賞。受賞歴に、1991年、第3回ルブリン・マイダネク国際反戦芸術トリエンナーレ(ポーランド国立マイダネク美術館)準大賞受賞など。大英博物館ほかに作品収蔵。神奈川国際版画アンデパンダン展委員、日本版画協会委員、かながわ版画振興会事務局長を経て、1989年、昭和が消えるとともにパチンコのルーツ解明に挑む。2020年6月、パチンコ誕生博物館をオープンする。現在、日本版画協会会員、日本美術家連盟会員。著書に、『パチンコ誕生──シネマの世紀の大衆娯楽』(創元社、2008年)、『戦前からあった台湾のパチンコ』『コリントゲームと人生劇場』(ともにKindle版、2014年)ほか。2009年5月から日遊協広報誌に「パチンコ史」を1年間連載。

上記内容は本書刊行時のものです。