版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ポール・ロワイヤル論理学 アントワーヌ・アルノー(著) - 法政大学出版局
.

書店員向け情報

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|八木
直接取引: あり(その他)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784588151200

ポール・ロワイヤル論理学

哲学・宗教
このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
500ページ
上製
価格 5,000円+税
ISBN
978-4-588-15120-0   COPY
ISBN 13
9784588151200   COPY
ISBN 10h
4-588-15120-7   COPY
ISBN 10
4588151207   COPY
出版者記号
588   COPY
Cコード
C1010
教養 単行本 哲学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年9月1日
書店発売日
登録日
2021年7月9日
最終更新日
2021年9月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

17世紀のジャンセニズムの拠点として著名なポール・ロワイヤル修道院。その学校でアルノーとニコルが執筆した本書は、デカルトやパスカルの最新哲学を取り入れた論理学の教科書であり、現代までフランス人の思考方法の規範となった古典である。リセや大学で使用され、翻訳を通じて広く西洋知識界に浸透し、フーコー『言葉と物』でも扱われた著名なテクストを、1683年の第5版からついに全訳。

目次

新版へのまえがき
はしがき

第一講話  この新しい論理学の計画が示される

第二講話  この論理学に対してなされた主要な反論への答弁が含まれる

論理学あるいは思考の技法

第一部 観念についての反省、あるいは認知すると呼ばれる精神の最初のはたらきについての反省が含まれる

第一章  その本性と起源にしたがって考察された観念について
第二章  その対象にしたがって考察された観念について
第三章  アリストテレスの十のカテゴリーについて
第四章  ものの観念およびしるしの観念について
第五章  その合成性あるいは単純性にしたがって考察された観念について。ここでは抽象あるいは正確さによって知る仕方が語られる
第六章  その一般性、特殊性、個別性にしたがって考察された観念について
第七章  五種の普遍的な観念、すなわち類、種、種差、特性、偶有性について
第八章  複合語およびその普遍性あるいは特殊性について
第九章  観念の明晰さと判明さ、およびその曖昧さと不明瞭さについて
第十章  道徳から引き出された不明瞭で曖昧な観念のいくつかの例
第十一章 われわれの思考や言説を不明瞭にするもう一つの原因について。それは、われわれがそれらを語に結びつけることにある
第十二章 語の不明瞭さから生じる、思考や談話の不明瞭さの救済策について。ここでは用いられる名前を定義する必要性と有用性、および実在的定義と名目的定義との差異が語られる
第十三章 名目的定義に関する重要な考察
第十四章 他の種類の名目的定義について。それによって名前が慣用的に意味しているものが示される 
第十五章 精神が、語によって正確に示されている観念に付け加える観念について

第二部 判断について人が反省してきたことが含まれる

第一章  命題との関係における語について
第二章  動詞について
第三章  命題とは何か。四種類の命題について
第四章  同じ主語と同じ述語をもつ命題間の対当について
第五章  単純命題と合成命題について。合成的と見えてもそうではない単純命題があり、それを複合命題と呼ぶことができること。主語あるいは述語から複合されている命題について
第六章  複合命題の一部をなす挿入命題の本性について
第七章  複合語および挿入命題においてありうる虚偽について
第八章  肯定・否定による複合命題について。哲学者たちが様相的と呼ぶこの命題の一種について
第九章  合成命題のさまざまな種類について
第十章  意味上の合成命題について
第十一章 あまり通常ではない仕方で表現されたある命題において、その主語と述語とを識別するための考察
第十二章 二つの主語に相当する不明瞭な主語について
第十三章 命題が全称的か特称的かを知るための他の考察
第十四章 しるしにものの名前が与えられている命題について
第十五章 諸学問においてよく使われる二種類の命題、すなわち分割と定義。まず分割について
第十六章 実在的定義と呼ばれる定義について
第十七章 命題の換位について。ここでは換位が依存する肯定・否定の本性がさらに徹底的に説明される。まず肯定の本性について
第十八章 肯定命題の換位について
第十九章 否定命題の本性について
第二十章 否定命題の換位について

第三部 推理について

第一章  推理の本性について。ありうるさまざまな推理の種類について
第二章  三段論法を単純と連言とに分け、単純三段論法を非複合と複合とに分けること
第三章  単純・非複合三段論法の一般的な規則
第四章  三段論法一般の格と式について。四つの格しかないこと
第五章  第一格の規則、式、基礎
第六章  第二格の規則、式、基礎
第七章  第三格の規則、式、基礎
第八章  第四格の式について
第九章  複合三段論法について。いかにしてそれを普通の三段論法に還元し、同じ規則で判断しうるか
第十章  格や式にまったく還元せずに、すべての三段論法の是非を判断できる一般的な原理
第十一章 この一般的原理を、混乱していると思われるいくつかの三段論法に適用すること
第十二章 連言三段論法について
第十三章 結論が条件的である三段論法について
第十四章 省略三段論法と省略文について
第十五章 三つ以上の命題による複合三段論法について
第十六章 ディレンマについて
第十七章 議論を見出すトポスあるいは方法について。この方法がいかに実用にならないか
第十八章 トポスを、文法・論理学・形而上学のトポスに区分すること
第十九章 詭弁と呼ばれる妥当でない推理のさまざまな仕方について
第二十章 社会生活や日常会話においてなされる妥当でない推理について

第四部 方法について

第一章  学問的知識について。そのようなものがあること。精神によって知られるものは、感覚によって知られるものよりも確実であること。人間精神には知りえないものがあること。この必要な無知から引き出される有用性
第二章  分析と総合という二種類の方法について。分析の例
第三章  構成の方法、とくに幾何学者が遵守する方法について
第四章  以上の規則に対するより詳しい説明。まず定義に関する規則
第五章  幾何学者は、ことばの定義とものの定義との間にある違いを、必ずしもつねに正しく理解していたようには見えないこと
第六章  公理、すなわちそれ自身で明晰で明証的な命題に関する規則について
第七章  偉大な真理の原理として使えるいくつかの重要な公理
第八章  論証に関する規則について
第九章  幾何学者の方法において通常見出されるいくつかの欠陥について
第十章  この主題について幾何学者が述べていることへの答弁
第十一章 八つの主要な原理に還元された学問の方法
第十二章 人間的な信頼であれ神的な信頼であれ、われわれが信頼によって認識するものについて
第十三章 人間的な信頼に依存する出来事の確信において、理性を正しく導くためのいくつかの規則
第十四章 前記の規則を奇跡の確信に適用すること
第十五章 出来事の確信という同じ主題についてのもう一つの注意
第十六章 未来の出来事についてなすべき判断について

訳者解説
事項索引
人名索引

著者プロフィール

アントワーヌ・アルノー  (アルノー アントワーヌ)  (

(Antoine Arnauld, 1612–1694)
17世紀フランスを代表する神学者・哲学者。若くしてデカルトの影響を強く受け,『省察』への『第4反論』(1641)を執筆した。ソルボンヌで神学博士となったが,ジャンセニスムの側からイエズス会を批判したことでソルボンヌを追われた。その際,友人パスカルの支援を受ける。パリ郊外ポール・ロワイヤル修道院の学校で教えた。1679年ベルギー・オランダに亡命したが,知的活動は衰えずマルブランシュやライプニッツと書簡で論争した。ブリュッセルで死去。著書に,『頻繁な聖体拝領』(1643),『一般理性文法』(ランスロと共著, 1660),『新幾何学原論』(1667),『聖体に関するカトリック教会の信仰の永続性』(ニコルと共著, 1669–74)などがある。浩瀚な『アルノー全集』全43巻が1775–1783年に刊行。

ピエール・ニコル  (ニコル ピエール)  (

(Pierre Nicole, 1625–1695)
フランスの神学者・モラリスト。シャルトルに生まれ,パリで神学を学んだ。ジャンセニストの一人としてポール・ロワイヤル運動に深くかかわり,修道院で文学と哲学を教えた。劇作家ラシーヌはそのときの生徒の一人であり,ギリシア語を教えた。著書として『道徳試論』(Essais de morale, 1671–1678)などがある。アルノーとともにベルギー・オランダに亡命したが,のちにパリに帰り死を迎えた。

山田 弘明  (ヤマダ ヒロアキ)  (

1945年生。京都大学文学研究科博士課程修了。博士(文学)。名古屋大学名誉教授。専門は西洋哲学。著書:『デカルトと哲学書簡』(知泉書館2018,第九章=アントワーヌ・アルノー)。論文:「アルノーとライプニッツ」,酒井・佐々木・長綱編『ライプニッツ読本』所収(法政大学出版局,2012),«Interaction entre l’âme et le corps», in G. Belgioioso et V. Carraud(éd.), Les Passions de l’âme et leur réception philosophique(Brepolis, 2020).共訳:『デカルト全書簡集』(全8巻, 知泉書館,2012–2016),『デカルト医学論集』(法政大学出版局, 2017)ほか。

小沢 明也  (オザワ トシヤ)  (

1962年生。北海道大学文学研究科博士後期課程単位取得。修士(文学)。東洋大学非常勤講師。専門は中世・近世哲学。論文:「デカルトにおけるソクラテス的反転──ドゥビトの確実性からスムの必然性へ」,『哲學』42号(法政大学出版局, 1992),共訳:『現代デカルト論集II 英米篇』(勁草書房, 1996),『デカルト全書簡集』(全8巻, 知泉書館, 2012–2016)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。