版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
キッチュの心理学〈新装版〉 A.モル(著) - 法政大学出版局
.
叢書・ウニベルシタス 185

キッチュの心理学〈新装版〉

四六判
344ページ
上製
価格 3,800円+税
ISBN
978-4-588-14056-3
Cコード
C1336
教養 全集・双書 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年5月22日
書店発売日
登録日
2020年4月9日
最終更新日
2020年5月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

キッチュとは何か? 〈まがいもの〉〈にせもの〉〈のようなもの〉としてつねに〈真正なもの〉と対比されながらも、美術・音楽・建築・宗教等々、現代の社会と文化の発展を担い、日常のさまざまな領域に生きているキッチュ。この近代的な概念の発生および歴史をたどり、独自の意味と機能を徹底的に解き明かす。

目次

第1章 キッチュとは何か
1 キッチュという言葉とその概念
2 市民社会と物
3 文化と創造
4 人間と物

第2章 日常生活への浸透
1 消費の普遍化
2 キッチュの心理的要因
3 万物の尺度としての小市民
4 キッチュの普遍性
5 意識化の方法について

第3章 キッチュと疎外──人間と物
1 物とは何か
2 物と人の心理学的関係について
3 キッチュと疎外

第4章 キッチュの類型学
1 幸福という理想か疎外の不不在か
2 類型学的方法
3 宗教的なキッチュ──ルルドとオーバーアマガウ
4 類型学の位相
5 基本形態の類型学
6 集合の類型学
7 キッチュと機能
8 キッチュの多様性

第5章 キッチュの原則
1 類型学と抽象の次元
2 キッチュの諸原理
3 キッチュの社会=経済的機能
4 キッチュの教育的機能
5 社会的=美的基準としての〈オフェリミテ〉の概念

第6章 キッチュの発生
1 概 説
2 歴史的発展
3 ブルジョア社会とキッチュ的思考
4 適当な値段
5 キッチュの価値
6 キッチュの王
7 楽園としてのデパート
8 デパート様式
9 建築におけるキッチュ──摩天楼の装飾

第7章 キッチュの生と文学
1 キッチュの心情と倫理
2 キッチュの文学
3 キッチュ文学の言語学的構造──語彙とその構成
4 物語の論理構造

第8章 音楽におけるキッチュ
1 音楽、音楽、音楽
2 音楽的キッチュの諸要素とアレンジ
3 音楽の評価について

第9章 フォルムのキッチュとアンチ・キッチュ──機能主義
1 キッチュの地理学
2 装飾の美学とユーゲント・シュティル
3 印象主義、表現主義、自然崇拝主義
4 アンチ・キッチュとしての機能主義
5 機能主義の発端
6 バウハウスの遺産とデザインの機能性
7 建築事務所の統合機能
8 「基準尺度」の概念
9 機能主義の方法
10 機能性とサイバネティックス
11 機能性と美的な喜び

第10章 機能主義の危機とネオ・キッチュ
1 人間的な、あまりに人間的な
2 現代のキッチュとスーパーマーケット
3 機能主義の哲学的危機
4 デザイン戦略とキッチュ
5 スーバーマーケットの心理分析
6 様態と流行
7 デザイナーの機能と文化戦略
8 ネオ・キッチュの生成
9 プライベートの世界──キッチュの住まいと家具調度類

第11章 キッチュ及びネオ・キッチュの科学と宗教。善意の倫理学
1 風景のキッチュとしての旅行
2 宗教的キッチュ、あるいはキッチュ的宗教
3 理性のキッチュとキッチュ的科学
4 キッチュではないもの

第12章 物の集合──ディスプレイ
1 現代のキッチュの一般的特性
2 集合の概念──ディスプレイ
3 集合としてのキッチュ
4 市場の構成と文明
5 〈必要〉の理論のために
6 〈必要〉と商品構成の座標系
7 個人の行動──物と行為
8 状況と行為の理論のために

第13章 アイデア商品について
1 アイデア商品とは何か
2 アイデア商品の分類
3 アイデア商品の発明
4 アイデア商品の倫理と消費文明

第14章 結論として
1 様々な領域のキッチュ
2 新しい語と概念
3 キッチュのプロセス
4 キッチュの価値
5 キッチュと文化政策──大衆のための芸術について
6 景力なき全体主義

訳 註
訳者あとがき
参考文献

著者プロフィール

A.モル  (モル アブラアム)  (

(Abraham Moles)
1930年パリに生まれる。国立科学研究所(CNRS)に勤務の後、フランス内外の大学で教鞭をとるかたわらラジオ・テレビ・音楽などの仕事に携わり、60年以降はストラスブール大学社会心理学教授を務め、70年からは空間心理学の確立と、日常生活の微小心理学や行為の理論に注目すべき成果をあげた。91年に来日し、92年パリで急逝。本書のほか邦訳書に『空間の心理学』『生きものの迷路』(法政大学出版局)がある。

万沢 正美  (マンザワ マサミ)  (

1944年生まれ。東京大学法学部卒。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了(文学修士)。東京都立大学名誉教授。著書:『ヨハネの修辞──第四福音書の文献解釈学的読解』(アピアランス工房、2009年)、訳書:ラウスベルク『文学修辞学──文学作品のレトリック分析』(東京都立大学出版会、2001年)。

上記内容は本書刊行時のものです。