版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
未知よりの薔薇 第五巻 交野路 竹本忠雄(著/文) - 勉誠出版
..

書店員向け情報

書店注文情報

9784585395058

未知よりの薔薇 第五巻 交野路

全集
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:勉誠出版
四六判
168ページ
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-585-39505-8   COPY
ISBN 13
9784585395058   COPY
ISBN 10h
4-585-39505-9   COPY
ISBN 10
4585395059   COPY
出版者記号
585   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年8月26日
最終更新日
2021年10月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

パリ文壇にデビューし、初めて民間から起用された日本大使館の文化技術顧問として活躍したフランス留学時代。澁澤龍彦、横尾忠則など多くの若者たちが、その教えを乞いに、フランスの著者のもとに集まった。
マルローの東宮御進講を実現させ、筑波大学では「科学・技術と精神世界」という、研究者としてはタブーであった精神世界に踏み込んだ、国際学会を実現させる。
学問的には異端者と評されることもありがながら、自身の信念のもと、霊性の世界に真摯に対峙し続けた著者の、揺れ動く魂の軌跡をあますことなく書き上げる。

執行草舟、絶讃!
壮大な魂の叙事詩。
生涯を深奥世界のミステリー探索に賭した男の、勇気と、哀しみと、驚異に満ちた
二十一世紀の黙示録。
執行草舟(『脱人間論』、『生くる』、『友よ』などの著者)

【第五巻あらすじ】
筑波超え――「コルドバからツクバへ」の知的冒険――から四年目、一九八八年に、フランスの名門、コレージュ・ド・フランスから招かれて「アンドレ・マルローと那智の滝」を講じ、語り部としての役割を果たす。招聘の労をとった日本中世仏教研究の権威、ベルナール・フランク教授の神秘的大往生を後に知って、尊敬を新たにする。
かつて不和だった父に、パリの宿所から初めて感謝の手紙を書く。程なく他界した父は、歿後十七日目――共に九死に一生を得た「三月九日」下町大空襲の記念日――に夢枕に立ち、並んで満開の桜並木を歩く。そこは「カタノ路」だと告げられて探索に赴き、大阪府交野の「峡崖道」を発見する。そこは熊野詣での「奧駆道」につながる民族の大霊流のルートで、まさにこの世とあの世の交点なのであった。

【第五巻の主な登場人物】
ベルナール・フランク(日本中世仏教、コレージュ・ド・フランス日本文明首座)、佛蘭久淳子(同夫人、画家)、衣奈多喜男(朝日新聞顧問、朝日賞二度授賞者)、ベルナール・アントニオス(フランス文化省総局長)、ジュヌヴィエーヴ・ド・ゴール(アントニオス夫人、ド・ゴール将軍姪、パンテオン奉祀ヒロイン)、アルフレッド・ブーレ(マルロー副官、遺言執行人)、福田陸太郎(詩人、東京教育大教授)、昭和天皇・香淳皇后両陛下、岸惠子(女優)、山田智三郎(国立西洋美術館館長)、F・L・ド・ラブーレ(駐日フランス大使)、マルチーヌ・ド・クールセル(アカデミー賞授賞トルストイ研究作家)、ルネ・セルヴォワーズ(アジア巡回大使、『日本、理解の鍵』)、クロード・タンヌリー(作家、『絶対的不可知論者マルロー』)、山本健吉(文芸評論、『いのちとかたち』)、佐久間陽三(マルロー那智滝行撮影朝日新聞専属写真家)、フィリップ+フランソワ・ド・サンシュロン兄弟(『僕らのマルロー』)、奥野平治(交野市郷土史家)

著者プロフィール

竹本忠雄  (タケモトタダオ)  (著/文

日仏両国語での文芸評論家。筑波大学名誉教授、コレージュ・ド・フランス元招聘教授。
東西文明間の深層の対話を基軸に、多年、アンドレ・マルローの研究者・側近として『ゴヤ論』『反回想録』などの翻訳、『マルローとの対話』などを出版、かたわら、日本文化防衛戦を提唱して欧米での反「反日」活動に従事(日英バイリンガル『再審「南京大虐殺」』等)。その途上で皇后陛下美智子さまの高雅なる御歌に開眼し、仏訳御撰歌集をパリで刊行、大いなる感動を喚起して、対立をこえた大和心の発露の使命を再確認する。
令和元年11月、仏文著書『宮本武蔵 超越のもののふ』(日本語版、勉誠出版)を機に、87歳でパリに招かれて記念講演を行い、新型コロナウィルス流行直前に帰国して、構想50余年、執筆8年で完成した『未知よりの薔薇』の米寿記念刊行に臨む。

上記内容は本書刊行時のものです。