版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
数と易の中国思想史 川原秀城(著/文) - 勉誠出版
..

数と易の中国思想史

発行:勉誠出版
A5判
256ページ
定価 7,000円+税
ISBN
9784585210450
Cコード
C3010
専門 単行本 哲学
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年5月5日
最終更新日
2018年5月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

天文学や数学などの数理科学的分野を対象とする暦算、そして、易学の一側面として、福を冀い禍を逃れることを目的とし、「数」のもつ神秘性に着目する占術からなり、広く東アジア全域に巨大な影響を与えてきた。
術数学に見え隠れする数と易とのジレンマを解明し、「数」により世界を理解する術数学の諸相を総体的に捉えることで、中国思想史の基底をなす学問の体系を明らかにする。

目次

前言

術数学原論
1 中国の「計量的」科学
 小序
 1 術数学と数の二義性
  1.1 中国科学と術数的思考
  1.2 暦算と占術
  1.3 算書中の占法と占書中の数理知識
  1.4 算術と筮法の結合
 2 経学と術数学
  2.1 董仲舒の天人の学
  2.2 劉歆の目録学
 小結

2 中国の数術
 1 術数学の定義
  1.1 漢書の用例
  1.2 術数概念の外延
  1.3 術数の定義
  1.4 数術と方術
 2 術数学の歴史
  2.1 数理の自律的展開
  2.2 易説による数の統一的解釈
 術数学の時代区分―結びにかえて

3 朱子学は術数学か
 1 術数原論
  1.1 術数一論―科学思想の視点からの分析
  1.2 術数二論―歴史的な分析
 2 問題の所在
 3 朱子学に対する術数学的な評価
  3.1 黃胤錫の理藪新編
  3.2 阮元の疇人伝序
 4 朱子哲学に現れる術数的思考
  4.1 形而上学と自然学の混淆
  4.2 倫理と卜筮の併存
  4.3 律呂本原と候気の矛盾
 小結
 補論

術数学専論
4 大衍術
 1 前史
  1.1 「物不知数」
  1.2 中国剰余定理
 2 秦九韶の大衍術
  2.1 大衍総数術
  2.2 大衍求一術 
  2.3 一般合同題の解法
  2.4 元数と定母
  2.5 解の存在条件について
  2.6 上元積年の計算
 小結

5 秦九韶の易筮法
 1 多様な筮法の存在
 2 秦九韶の筮法
 3 大衍術
 4 筮法と算法の一体化
 小結

6 皇極経世学小史
 1 邵雍の『皇極経世書』
  1.1 歴年表
  1.2 声音表
  1.3 観物外篇と先天易学
  1.4 術数と観物
 2 皇極経世学の展開
  2.1 邵伯温と蔡元定の易説
  2.2 張行成の掛一図と既済図
  2.3 祝泌の起運法と語音分析
  2.4 黄畿の気六変説
 小結

7 律暦淵源と河図洛書
 問題の所在
 1 数理本原と周易折中
  1.1 河図図と加減法
  1.2 洛書図と乗除法
 2 数学と道学
  2.1 数理科学の河図洛書起源説
  2.2 康煕帝と朱子学
 小結

術数学補論
8 『孫子』における天文と地理
 1 兵家思想における合理性と神秘性
  1.1 中国の天文と地理
  1.2 権謀家の軍事思想
 2 孫子における天文と地理
  2.1 天文・地理の重要性
  2.2 天とは……
  2.3 天文占
  2.4 寒暑と時制
  2.5 孫子の地理認識
 小結―「人」の視点

9 中国古来の哲理・五行思想
 1 天の哲学
 2 五行思想
 3 五行災異
 4 水と聴
 5 五徳終始
 6 水徳の王朝
 7 科学理論への影響

10 中国の「はかり」の世界
 1 中国の統一度量衡制
 2 度量衡と声律
 3 劉歆の三統哲学

11 術数的思考と中国医学
 1 術数的思考
  1.1 中国の数術
  1.2 中国科学の計量的性格
  1.3 数の二義性
  1.4 術数学=暦算+占術
  1.5 理数と命数の混淆
 2 中国医学と術数的思考
  2.1 方技の二義性
  2.2 本草学と三品分類
  2.3 営五十周

後 言

著者プロフィール

川原秀城  (カワハラヒデキ)  (著/文

1950年福岡県に生まれる。東京大学名誉教授。専門は中国朝鮮思想史・東アジア科学史。
著書に『中国の科学思想―両漢天学考』(創文社、1996)、『関流和算書大成―関算四伝書』1-3期(共編、勉誠出版、2008-2011)、『西学東漸と東アジア』(岩波書店、2015)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。