版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
先端医療と向き合う 橳島 次郎(著/文) - 平凡社
..
平凡社新書

先端医療と向き合う 945 生老病死をめぐる問いかけ

発行:平凡社
新書判
208ページ
定価 800円+税
ISBN
9784582859454
Cコード
C0247
一般 新書 医学・歯学・薬学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年6月15日
書店発売日
登録日
2020年4月24日
最終更新日
2020年6月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-08-01 朝日新聞  朝刊
2020-07-25 東京新聞/中日新聞  朝刊

紹介

生殖補助医療、遺伝子検査、ゲノム編集、再生医療、安楽死……。先端医療の発展により生老病死のあり方が大きく変化し、現在進行形でさまざまな倫理的問題が生まれている。自分たちのこととして問題に向き合うためには? 「何を問えばいいのかをきちんと知ることがだいじ」と説く著者が基本的なことがらを網羅し、議論の基盤を提供する。
生命倫理・科学論の第一人者と考える正しい問いかけから政策立案まで。

目次

《目次》
はじめに
生老病死をめぐる新しい悩みの例──脳死
本書のねらいと内容
本書の読み方

第一章 生――新しい命をどう迎えるか
人はいつ生まれるか──体外受精がもたらした新しい悩み
もう少しくわしく──宗教による違いと日本人の生命観
生殖補助医療──子を授かるための悩み
もう少しくわしく──生殖補助医療に法律はいらないか
子宮移植も登場、でも……──先端医療に頼らない選択肢も考えよう
命を選ぶという業(1)──着床前診断
命を選ぶという業(2)──出生前診断
もう少しくわしく──出生前診断と妊娠中絶のつながりの実際
性と家族のあり方──LGBTと生殖補助医療

第二章 病――先端医療の明暗
臓器移植が抱える業(1)──脳死移植vs生体移植
もう少しくわしく──生体移植をどう規制したらいいか
臓器移植が抱える業(2)──さらなる提供源を求めて
再生医療という希望
もう少しくわしく──再生医療はどう管理されているか
遺伝子を調べる時代の備え(1)──正しい知識と態度を養う
遺伝子を調べる時代の備え(2)──「マイゲノム」の意味と価値
もう少しくわしく──ゲノムデータと個人情報保護
遺伝子の治療と操作の是非
もう少しくわしく──生まれる前にゲノム編集?
心の病は、脳の病か──外科手術で精神疾患を治せる?

第三章 世のため人のため……?――医学研究と私たちとの関わり
実験台になる──医療技術開発の当事者として
もう少しくわしく──人間を実験台にするのは学問の自由?
個人情報の利用と人工知能──どこまでゆだねてよいか
もう少しくわしく──人工知能を使うと何が心配か
動物に負わせる苦──動物実験と動物保護
もう少しくわしく──日本ではなぜ動物実験の管理規制が緩いのか
生命を人の手で創る?──合成生物学の問いかけ
もう少しくわしく──生命を操る研究を誰がしてよいか
生命操作と軍事・テロ──非人道的利用をどう防ぐか

第四章 老と死とその先――人生の終わりと送り
老いは病か、老化防止は医療か
延命治療中止という選択──日本とフランスの例から考える
安楽死は許されるか
死後も医療に活きる
死者と生者の「包括ケア」を
もう少しくわしく──ほんとうの「ゆりかごから墓場まで」を求めて

第五章 問いかけに答えるために
自分で決められるためには──インフォームド・コンセントは何のため?
宗教の影響をどう考えるか
法律は必要ない? 法律にしてはいけない?
もう少しくわしく──フランス式〈答えを決める原理〉を参考に
語り合う場を創る──みなが考え決める主体になるために

あとがき

著者プロフィール

橳島 次郎  (ヌデシマ ジロウ)  (著/文

1960年横浜生まれ。東京大学文学部卒。同大学大学院社会学研究科博士課程修了(社会学博士)。専門は生命倫理、科学技術文明論。三菱化学生命科学研究所主任研究員、自治医科大学客員研究員、東京財団研究員などを経て、生命倫理政策研究会共同代表。著書に『脳死・臓器移植と日本社会』(弘文堂)、『先端医療のルール』(講談社現代新書)、『生命の研究はどこまで自由か』『精神を切る手術』『もしも宇宙に行くのなら』(以上、岩波書店)、『生命科学の欲望と倫理』(青土社)、『これからの死に方』(平凡社新書)、『移植医療』(岩波新書、出河雅彦氏と共著)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。