版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「ハーフ」ってなんだろう? 下地 ローレンス吉孝(著/文) - 平凡社
..
中学生の質問箱

「ハーフ」ってなんだろう? あなたと考えたいイメージと現実

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:平凡社
四六判
224ページ
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-582-83866-4   COPY
ISBN 13
9784582838664   COPY
ISBN 10h
4-582-83866-9   COPY
ISBN 10
4582838669   COPY
出版者記号
582   COPY
 
Cコード
C0031
一般 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年4月21日
発売予定日
登録日
2021年2月26日
最終更新日
2021年4月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「ハーフ」などの言葉は浸透しているが、現実には一人一人が様々な経験をしている。社会構造やイメージを問い直し、一人一人の声を聞き、人権やメンタルヘルスについて考える。
 
 最初に言いたいのは、もしあなたが何かで悩んでいたり何かの問題に直面しているなら、その原因を自分自身だけに求めて責めるのではなく、社会との関係性の中でとらえ直してほしいということです。
 私はある文章の中で、いじめや差別の原因について、「肌の色が原因でいじめられた」、あるいは「ルーツが原因で差別を受けた」という表現があるのを見かけたことがあります。現実に、「ハーフ」と呼ばれる子どもたちがいじめや差別を経験するケースはあります。けれどもそれを、その人自身の「ルーツが原因で」と言ってしまうと、「あなたに海外ルーツがあることが原因」、つまり「海外ルーツがあること自体が問題」で、「それでいじめが発生する」という話になってしまいます。(略)
 差別があるのはルーツや肌の色、髪質そのものが原因ではありません。
 (「はじめに」より)
 
 本の内容
 
 はじめに
 
 インタビュー 野本らなさん 野本アブルさん
 
第1章 「ハーフ」の問題は社会の問題なの?
  1 社会の問題として考えるってどういうこと?
  2 「ハーフ」の日常ってどんな感じ?

 インタビュー 川辺ナオミさん/加藤圭介さん/紗さん/入江晃樹アレハンドロさん

第2章 それぞれの経験が複雑ってどういうこと?
 
 インタビュー 鈴倉佳代さん/佐々木リアムさん/カーン ハリーナさん/山内里朱さん

第3章 「ハーフ」のイメージと現実は違うの?
  1 「ハーフ」の歴史は日本の歴史なの?
  2 「ハーフ」のイメージはどうやってつくられたの?

 インタビュー 杉本寛樹さん/清水紗織里さん/朴知佐さん

第4章 「当たり前を問い直す」ってどういうこと?
  1 差別ってなんだろう?
  2 だれも「偏見」から逃れられないの?

 インタビュー あんなさん/バーヌさん/戸田紗季さん/みちみちるさん

第5章 メンタルヘルスについてどう向き合うといいの?
  blossom the project 中川ホフマン愛さん
  African Youth Meetup 三浦アークさん、大塚エレナさん
  心理カウンセラー ラッシュ セリーナ萌さん

 インタビュー 齊藤 花ジェニファーさん/田村カエデさん

おわりに /参考にした文献


上記内容は本書刊行時のものです。