版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
事件記者という生き方 大谷 昭宏(著) - 平凡社
...

事件記者という生き方

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:平凡社
縦200mm
318ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-582-82465-0   COPY
ISBN 13
9784582824650   COPY
ISBN 10h
4-582-82465-X   COPY
ISBN 10
458282465X   COPY
出版者記号
582   COPY
 
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2013年2月
登録日
2016年3月4日
最終更新日
2016年3月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

釜ヶ崎での日々、三菱銀行人質事件、グリコ・森永事件、「黒田ジャーナリズム」の神髄、果たせなかった本田靖春さんとの約束-あのとき、現場では何が起きていたか。忘れ得ぬ事件、愛すべき人たちを書き尽くす自伝的エッセイ。

目次

1 新聞記者として生きる(生まれたときから新聞記者に
「魚のおいしい所」からのスタート:「事件記者」への道筋)
2 サツまわり(泣きたくなるほど好きな町、釜ヶ崎
裏社会の掟
大阪府警捜査一課担当)
3 忘れ得ぬ事件(19歳OL殺人事件
三菱銀行人質事件
グリコ・森永事件
朝日新聞阪神支局襲撃事件)
4 読売新聞大阪社会部(わが師・黒田清
「黒田軍団」とは何だったのか
本田靖春さんのこと)
5 時代と切り結ぶ(活動の場をテレビに移して
メディアと警察、検察)

上記内容は本書刊行時のものです。