版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
蔦屋重三郎 鈴木 俊幸(著) - 平凡社
...
平凡社ライブラリー Heibonsha Library

蔦屋重三郎

発行:平凡社
縦16mm
329ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-582-76756-8
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2012年2月
登録日
2015年8月20日
最終更新日
2015年8月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-02-10 東京新聞/中日新聞  朝刊
2017-02-19 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 森彰英(ジャーナリスト)
2012-03-04 東京新聞/中日新聞

紹介

蔦屋重三郎とはなにものか?本書はこの問いに、この人物が何のためにどんな出版物をつくって売ったか、をもって答える。するとすぐさま消し去られるのは、体制に批判的な先進的文化人といったイメージであり、見えてくるのは、吉原出自の宣伝巧者、堅い商売に専心し、出版を組み込んで遊ぶ戯作文芸の仕掛けを利用して、失敗知らずの本づくりをたくらむ商人の姿である。蔦重を知り、この時代の文化・文学の基底を知るに必読の名著を、コンパクトな新版で。

目次

1 吉原の本屋蔦屋重三郎
2 天明期狂歌・戯作壇の形成と狂歌師蔦唐丸
3 戯作と蔦屋重三郎
4 蔦重の戯作出版とその流通
5 狂歌界の動向と蔦屋重三郎
6 絵本と浮世絵
7 寛政改革とその後

上記内容は本書刊行時のものです。