版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
復興への道のり 1945-1989 下 半藤 一利(著/文) - 平凡社
..
【利用不可】

復興への道のり 1945-1989 下 (フッコウヘノミチノリ 1945ー1989 ゲ) 講和条約、安保闘争、高度経済成長 (コウワジョウヤク アンポトウソウ コウドケイザイセイチョウ)

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:平凡社
A5判
328ページ
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-582-45468-0   COPY
ISBN 13
9784582454680   COPY
ISBN 10h
4-582-45468-2   COPY
ISBN 10
4582454682   COPY
出版者記号
582   COPY
Cコード
C0021  
0:一般 0:単行本 21:日本歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年5月25日
書店発売日
登録日
2023年2月25日
最終更新日
2024年1月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「きちんと読めば、歴史は将来にたいへん大きな教訓を投げかけてくれます」。

シリーズ「半藤先生の『昭和史』で学ぶ非戦と平和」は、2021年に亡なくなられた半藤一利さんの昭和史に関する4冊の著書『昭和史1926-1945』『昭和史 戦後篇 1945-1989』『B面昭和史 1926-1945』『世界史のなかの昭和史』をそれぞれ2分冊にして全8巻にまとめ直し、若い読者にも読みやすく再編集したものです。

本書は『昭和史 戦後篇 1945-1989』を近現代史学習の基本図書として再編集。
小学5年生以上で学習する漢字にはふりがなをふり、巻末には新たに解説と索引を追加しました。

焼け跡からの復興、東京裁判、講和条約、高度経済成長、バブル崩壊の予兆。
現代日本のルーツを知り、私たちの未来を考えるために必ず読んでおきたい戦後昭和史。

目次

第九章 新しい独立国日本への船出
第十章 混迷する世相・さまざまな事件
第十一章 いわゆる「五五年体制」ができた日
第十二章 「もはや戦後ではない」
第十三章 六〇年安保闘争のあとにきたもの
第十四章 嵐のごとき高度経済成長
第十五章 昭和元禄の〝ツケ〟
まとめの章 日本はこれからどうなるのか
こぼればなし 昭和天皇・マッカーサー会談秘話

あとがき
平凡社ライブラリー版 あとがき
解説
関連年表
参考文献
索引

著者プロフィール

半藤 一利  (ハンドウ カズトシ)  (著/文

半藤 一利:1930年、東京生まれ。東京大学文学部卒業後、文藝春秋入社。「週刊文春」「文藝春秋」編集長、取締役などを経て作家。著書に『日本のいちばん長い日』『漱石先生ぞな、もし』(正続、新田次郎文学賞)、『ノモンハンの夏』(山本七平賞)、『「真珠湾」の日』(以上、文藝春秋)、『幕末史』(新潮社)、『B面昭和史 1926–1945』『世界史のなかの昭和史』『墨子よみがえる──“非戦”への奮闘努力のために』(以上、平凡社)など多数。『昭和史 1926–1945』『昭和史 戦後篇 1945–1989』(平凡社)で毎日出版文化賞特別賞を受賞。2015年、菊池寛賞を受賞。2021年1月逝去。

上記内容は本書刊行時のものです。