版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
近代の超克 河上徹太郎(著/文) - 冨山房
..
冨山房百科文庫 23

近代の超克

新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:冨山房
新書判
360ページ
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-572-00123-8   COPY
ISBN 13
9784572001238   COPY
ISBN 10h
4-572-00123-5   COPY
ISBN 10
4572001235   COPY
出版者記号
572   COPY
 
Cコード
C0295
一般 新書 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
1979年2月9日
書店発売日
登録日
2017年3月29日
最終更新日
2017年3月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-06-05 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 平山周吉(雑文家)

紹介

戦時中雑誌「文学界」が各界の知識人に呼びかけて行った座談会と、戦後竹内好によって書かれた同名の論文を合本したもの。さまざまな論議を呼んだ前者と、思想そのものの帰趨を丹念に跡づけた後者と、あわせて精神史の重要な資料となろう。

上記内容は本書刊行時のものです。