版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
バスキアイズムズ ジャン=ミシェル・バスキア(著/文) - 美術出版社
..

書店員向け情報

書店注文情報

9784568202762

バスキアイズムズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:美術出版社
四六判
148ページ
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-568-20276-2   COPY
ISBN 13
9784568202762   COPY
ISBN 10h
4-568-20276-0   COPY
ISBN 10
4568202760   COPY
出版者記号
568   COPY
Cコード
C0070
一般 単行本 芸術総記
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年11月1日
最終更新日
2019年11月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

再評価がすすむバスキアの、言葉をあつめた1冊

ZOZOTOWNを設立した実業家であり、アートコレクターとしても有名な前澤友作氏が、過去最高額123億円で落札したことで日本でも久しぶりに話題となったジャン=ミシェル・バスキア。
27歳という若さでこの世を去るという短い生涯にもかかわらず、3,000点を超すドローイング、1,000点以上の絵画作品を残しました。
ジャズ、ヒップホップ、アメリカ民俗や人種問題などを主題に、1970~80年代の黒人アーティストならではの視点で作品を発表し、NYのアートシーンに革新をもたらしたバスキアは、いまなお多くのアーティストに影響を与え続けています。

本書は、バスキアのインタビューや記事、会話の録音記録など様々な資料からおよそ200の言葉を集めた『Basquiat-isms』(2019,Princeton Univ Pr, Edited by Larry Warsh)の邦訳本。
彼の極めて詩的で独特な思考の過程を辿ることができる1冊です。


【本書より抜粋】

“描けば描くほど、すべてを好きになっていく”

“僕は、僕であり、僕なんだ”

“悪ガキだと思われていることを楽しんでいる。最高だよ”

“グラフィティがさも新しいもののように思われて、
功績を認められている連中がいるけど、
それはもう5軍というか、10軍ぐらいのものさ”

“僕はアートについて語るのが好きじゃない”

上記内容は本書刊行時のものです。