版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
スピノザ入門[改訂新版] ピエール゠フランソワ・モロー(著/文) - 白水社
..
文庫クセジュ

スピノザ入門[改訂新版]

新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:白水社
新書判
196ページ
定価 1,200円+税
ISBN
978-4-560-51044-5   COPY
ISBN 13
9784560510445   COPY
ISBN 10h
4-560-51044-X   COPY
ISBN 10
456051044X   COPY
出版者記号
560   COPY
 
Cコード
C1210
教養 新書 哲学
出版社在庫情報
不明
発売予定日
登録日
2021年3月29日
最終更新日
2021年5月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

スピノザ評伝の決定版!

 「スピノザの生涯と著作は、これまで、多くの伝説によって物語られ、多くの偏った解釈に捻じ曲げられ、多くの誤解に晒されてきた」(第一章より)。
 17世紀の哲学者スピノザが、いかに生き、何を書き、論じ、どうのように受けとめられてきたのか。本書は、当時の時代状況やオランダの特異性を紹介するとともに、蔵書目録およびテクストにみられる引用からスピノザの語学力や教養の限界までも探る。
 改訂新版では、著者による日本語版のためのあとがき「暴露するものとしての日本」を掲載。スピノザが『神学・政治論』のなかで日本について言及したテクストを考察する。スピノザが生きた時代の日本は、スピノザにとってどのような役割を果たしたのか。
 〈伝説抜きのスピノザ像を描く〉評伝の決定版。

著者プロフィール

ピエール゠フランソワ・モロー  (ピエール フランソワ モロー)  (著/文

1948年生まれ。高等師範学校を卒業。1992年までソルボンヌ大学で教鞭を執り、現在、リヨン高等師範学校・文学人文科学部門名誉教授。現代フランスを代表する哲学史家の一人。PUFから刊行中の新スピノザ全集Spinoza-Œuvresの責任編集者で、その第四巻『エチカ』の仏訳を担当。

松田 克進  (マツダ カツノリ)  (翻訳

1991年京都大学大学院博士後期課程単位取得退学、哲学専攻。龍谷大学文学部教授。主要著訳書に、『スピノザの形而上学』(昭和堂、2009年)、ドミニク・フォルシェー『年表で読む 哲学・思想小事典』(共訳・白水社、2001年)がある。

樋口 善郎  (ヒグチ ヨシロウ)  (翻訳

1991年京都大学大学院博士後期課程単位取得退学、哲学専攻。大阪学院大学非常勤講師。主要論文に、「ヘーゲルと貧困問題」(関西哲学会年報『アルケー』第24号、2016年)、主要訳書に、ベルナール・ブルジョワ『ドイツ古典哲学』(共訳、白水社文庫クセジュ807番、1998年)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。