版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
異文化間教育 マルティーヌ・アブダラ=プレッツェイユ(著/文) - 白水社
..
文庫クセジュ

異文化間教育

新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:白水社
新書判
180ページ
定価 1,200円+税
ISBN
978-4-560-51043-8   COPY
ISBN 13
9784560510438   COPY
ISBN 10h
4-560-51043-1   COPY
ISBN 10
4560510431   COPY
出版者記号
560   COPY
 
Cコード
C1237
教養 新書 教育
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年2月26日
最終更新日
2021年3月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

多文化社会における教育の役割とは

 本書は、複数のエスニック・グループが共存する多言語・多文化の文脈のなかで、教育がどのような役割を果たすのかを規定し、分析し、再定義を試みる。
 異文化間研究は何を課題として議論を進めてきたのか。第一部では、研究の出発点となる文化の定義からはじまり、その方法論を哲学、社会学、文化人類学、社会心理学の観点から検討する。第二部では、フランスの学校教育ならびに国外へ向けた教育活動を扱う。移民の子どもを受け入れてきたフランスの学校では、多様性にどう対応してきたのか。
 著者は大学での教育研究活動のほか、ユネスコや経済協力開発機構、欧州評議会の専門委員を務める。外国語としてのフランス語教育、異文化間教育、移民教育に貢献し、フランス政府から教育功労賞シュヴァリエ、オフィシエ、レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受章する。

著者プロフィール

マルティーヌ・アブダラ=プレッツェイユ  (マルティーヌ アブダラ プレッツェイユ)  (著/文

パリ第8大学名誉教授、教育学、外国語としてのフランス語教育を専門とする。1980年代から異文化間に関する研究を進め、この分野の第一人者。教育功労章シュヴァリエ(1984年)、オフィシエ(1999年)、レジオン・ドヌール章シュヴァリエ(2009年)叙勲。

西山 教行  (ニシヤマ ノリユキ)  (翻訳

1961 年東京生まれ。京都大学人間・環境学研究科教授。言語教育学、言語政策、フランス語教育学、フランコフォニー研究。主な著訳書に、トリュショ『多言語世界ヨーロッパ――歴史・EU・多国籍企業・英語』(共訳、大修館書店、2019 年)、『グローバル化のなかの異文化間教育――異文化間能力の考察と文脈化の試み』(共編著、明石書店、2019 年)、グロジャン『バイリンガルの世界へようこそ――複数の言語を話すということ』(監訳、勁草書房、2018 年)、メイエ『ヨーロッパの言語』(岩波文庫、2017 年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。