版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ローマ帝国の衰退 ジョエル・シュミット(著/文) - 白水社
..
文庫クセジュ

ローマ帝国の衰退

発行:白水社
新書判
170ページ
定価 1,200円+税
ISBN
9784560510377
Cコード
C1222
教養 新書 外国歴史
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年5月29日
最終更新日
2020年6月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-08-01 日本経済新聞  朝刊

紹介

いつかローマは滅亡するのか?

 紀元3世紀以降、気候・人口・政治・経済・宗教などの危機によって、ローマ帝国は衰退した。しかし、その文明が消滅したわけではない。「ローマは中世ヨーロッパの形成に絶えずつきまとい、その後の世紀においても、ヨーロッパに実に生き生きとした刻印を残し、芸術、文学、法、政治制度を介して、次から次へと生き返ったといっても過言ではないだろう」(「序文」より)。
 著者は、古代ローマ史についての多くの論考を著すほか、編集者・文芸批評家・辞典編纂者としても活動をしている。また、フランス作家協会文学賞大賞を受賞した作家でもある。
 本書は、文明は「歴史の苦難や破局を乗り越えて存続するもの」という見地から、ヨーロッパに刻印を残し続ける「ローマ」を描き出す。

著者プロフィール

ジョエル・シュミット  (シュミット)  (著/文

1937年生まれ。歴史家、作家、文芸批評家。ソルボンヌ大学で歴史学と地理学で学士号を取得。古代ローマ史について多くの論考を著す一方で、作家としては、Un cri pour deuxでフランス作家協会文学賞大賞を受賞。

西村 昌洋  (ニシムラ マサヒロ)  (翻訳

神戸大学文学部卒業、京都大学大学院文学研究科修士課程修了、京都大学博士(Ph.D.)、西洋史学専攻。現在、龍谷大学非常勤講師。訳書に、ピーター・サルウェイ編、南川高志監訳『オックスフォードブリテン諸島の歴史一――ローマ帝国時代のブリテン島』(共訳,慶應義塾大学出版会)、ロバート・クナップ『古代ローマの庶民たち』(監訳、白水社)、ギイ・アシャール『古代ローマの女性たち』(白水社文庫クセジュ)。

上記内容は本書刊行時のものです。