版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
近代日本の美術思想(上) 今橋 映子(著/文) - 白水社
..

近代日本の美術思想(上) 美術批評家・岩村透とその時代

芸術
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:白水社
A5判
716ページ
定価 22,000円+税
ISBN
978-4-560-09818-9   COPY
ISBN 13
9784560098189   COPY
ISBN 10h
4-560-09818-2   COPY
ISBN 10
4560098182   COPY
出版者記号
560   COPY
 
Cコード
C0070
一般 単行本 芸術総記
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年2月26日
最終更新日
2021年4月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

岩村透とは誰か。文化芸術はなぜ社会に必要か。

黒田清輝や森鷗外の盟友でありながら、忘却の彼方となった美術批評家・岩村透。
なぜ彼は忘れられたのか――美校の初代西洋美術史教授であった彼は、制作家と社会を結ぶ批評を重視し、「美術」による社会変革を試みた。1910年代の日本で、百年後の「美術と社会」を見据え、美術ジャーナリズムやアーツマネジメントを展開。言論統制下に美術行政を論じながらも早逝した彼の仕事の全貌と、驚くほど多分野の人々との共闘の足跡を辿る。

文学・絵画・彫刻・工芸・建築・社会思想などを繋ぐ学際研究、著者畢生の大作。
上下2巻で、新出図版も多数。カラー口絵各8頁。
年譜・参考文献・巻末関連資料など完備。

目次

[上巻目次]
はじめに――美術百年の志

第Ⅰ部 岩村透を読み直すために
 第1章 その生涯 (1870-1917)
 第2章   岩村透研究の推移と問題点
 第3章   美術批評史研究の推移と岩村透の位相――批評期区分の試み
コラム1  岩村透の蔵書――明治大正期知識人の世界像
        
第Ⅱ部 世紀転換期の美術批評と岩村透の仕事
第4章   美術批評はいかにして可能か
第5章   技芸家のための西洋美術史
 第6章   ボヘミアニズムの仕掛け人――「巴里の美術学生」の波及力
        
第Ⅲ部 明治大正期の初期社会主義と美術批評
第7章 坂井犀水と初期社会主義
 第8章   岩村透と初期社会主義
第9章   先取られた追悼――森鷗外「かのやうに」における岩村透像

第Ⅳ部 前衛史観に抗して
 第10章  『美術新報』改革とその戦略(1909-1913)
 第11章  文展時代の〈小芸術〉――〈民藝〉直前の装飾美術運動

[下巻目次]
第Ⅴ部 美術行政とアーツマネジメントの先駆者
 第12章  「美術問題」の輿論形成に向けて――〈時言〉〈週報言〉の戦略
 第13章   海外美術情報の領分――生きて動く世界美術史
 第14章  『日本美術年鑑』の百年
       ――国内美術情報収集の意味とその継承者たち
第15章  美術行政とアーツマネジメントへのめざめ
      ――国民美術協会という遺産
第16章  美術と建築、技芸家と社会
 第17章  歴史が照らすもの――美術行政とアーツマネジメントの先駆者

第Ⅵ部 途絶された旅路――岩村教授復職却下事件の真相

 第18章  ボヘミアニズムの光と闇
       ――岩村教授復職却下事件の真相と高等遊民問題
 第19章  幻の著作――二言語使用者の夢
 終 章   大樹の倒れたあとに
       ――岩村透没後十年忌(1926年)本瑞寺所蔵追善作品群の意味
 コラム2 百年後の光輪――岩村透百回忌(2016年)法要および記念展覧会

おわりに――一念の誠天地を動かすべし

著者プロフィール

今橋 映子  (イマハシ エイコ)  (著/文

1961年東京生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。専門は比較文学・比較文化。著書に、『異都憧憬 日本人のパリ』(柏書房、1993/平凡社ライブラリー、2001)(1994年度サントリー学芸賞および渋谷クローデル特別賞受賞)、『〈パリ写真〉の世紀』(白水社、2003)(2003年度重森弘淹写真評論賞、2004年度島田謹二記念学藝賞および日本写真協会賞学芸賞受賞)、『ブラッサイ パリの越境者』など。

上記内容は本書刊行時のものです。