版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
不法移民はいつ〈不法〉でなくなるのか ジョセフ・カレンズ(著/文) - 白水社
..

不法移民はいつ〈不法〉でなくなるのか 滞在時間から滞在権へ

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:白水社
四六判
224ページ
定価 2,800円+税
ISBN
978-4-560-09581-2   COPY
ISBN 13
9784560095812   COPY
ISBN 10h
4-560-09581-7   COPY
ISBN 10
4560095817   COPY
出版者記号
560   COPY
 
Cコード
C0031
一般 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年7月27日
最終更新日
2017年9月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-05-29 朝日新聞  朝刊
評者: 高谷幸(東京大学准教授・移民研究)

紹介

最良の移民論入門
 オバマ米大統領は、5年以上国内に滞在している不法移民に対して、犯罪歴がなく納税をしていることを条件に、合法的に労働できるよう大統領覚書を発した。これにより合法的地位を与えられた不法移民は500万人に上る。そして、新大統領トランプの「長城」建設構想はじめ反移民政策はもちろん、この覚書を標的にしたものである。
 現在、1100万に上ると言われる不法移民は、アメリカにおける深刻な政治・社会問題となっており、この膨大な不法移民をどうするかは、文字通り国論を二分している。
 本書は、移民論の「古典」として内外で参照される1冊である。その主張は極めて明快で、5年以上滞在している不法移民には「滞在権」が付与されるべきだと説く。
 著者自身はもともと開放国境論を主張して、移民正義論を打ち立てた世界的権威。移民問題の深刻化を背景に本書の刊行に踏み切った。
 日本でも移民は焦点として浮上しつつある。本書は、日本の読者向けに移民にアプローチするための読書案内、アメリカ移民法史年表とともに、井上彰、谷口功一、横濱竜也各氏による座談会「危機の時代の移民論」も付した。

著者プロフィール

ジョセフ・カレンズ  (カレンズ)  (著/文

トロント大学政治学教授。カレッジ・オブ・ホーリークロス卒業、イェール大学で博士号取得。移民正義論における「開放国境論(open border theory)」の主唱者として著名。著書には、The Ethics of Immigration(Oxford University Press, 2013)、Culture, Citizenship, and Community: A Contextual Exploration of Justice as Evenhandedness (Oxford University Press, 2000)などがある。

横濱 竜也  (ヨコハマ タツヤ)  (翻訳

1970年生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。博士(法学)。現在、静岡大学学術院人文社会科学領域教授。専門は法哲学。著書に『遵法責務論』(弘文堂)、『逞しきリベラリストとその批判者たち』(共著、ナカニシヤ出版)、『日本の夜の公共圏』(共著、白水社)他。

上記内容は本書刊行時のものです。