版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
キューバ・ミサイル危機(下) マーティン・J・シャーウィン(著/文) - 白水社
..
【利用可】

キューバ・ミサイル危機(下) (キューバミサイルキキ) 広島・長崎から核戦争の瀬戸際へ 1945-62 (ヒロシマナガサキカラカクセンソウノセトギワヘ)

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:白水社
四六判
404ページ
定価 4,000円+税
ISBN
978-4-560-09449-5   COPY
ISBN 13
9784560094495   COPY
ISBN 10h
4-560-09449-7   COPY
ISBN 10
4560094497   COPY
出版者記号
560   COPY
Cコード
C0022  
0:一般 0:単行本 22:外国歴史
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2022年7月27日
最終更新日
2022年9月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2022-12-10 日本経済新聞  朝刊
評者: 佐々木卓也(立教大学教授)
2022-11-26 毎日新聞  朝刊
評者: 飯島洋一(建築評論家)
2022-11-13 読売新聞  朝刊
評者: 堀川恵子(ノンフィクション作家)
MORE
LESS

紹介

「核のある世界」への警鐘の書

 1962年10月のキューバ・ミサイル危機は、核戦争(最終戦争)が一触即発で起きかねない13日間だった。本書はその「一触」が、実はほんの偶然の積み重ねで回避されていたことを明らかにした大作だ。米国の国家安全保障会議、国防総省、統合参謀本部の会議録、関係者の個人メモ、回想録、解禁されたソ連共産党幹部会の議事録など、豊富な史料を網羅して、米ソ両政権の内部とカリブ海の現場で何が起きていたかを立体的に描き出し、手に汗握る日々が展開される。ケネディとフルシチョフの関係、その言動や心理、タカ派とハト派の攻防を丹念に積み上げるミクロ的記述と、広島・長崎への原爆投下から冷戦下の核軍拡競争に至る文脈に、この危機を位置付ける俯瞰的視点を交差させており、圧倒的な説得力がある。
 ロシアによるウクライナ軍事進攻、台湾をめぐる中国と日米の緊張を踏まえると、この危機がどこか重なって見えてくる。「核の脅威」が懸念される今、60年前の危機が残した教訓を振り返る意義は大きい。ピュリツァー賞受賞の歴史家(米外交と核管理・軍縮論)が、危機の深層を描き切った決定版。

著者プロフィール

マーティン・J・シャーウィン  (マーティン シャーウィン)  (著/文

アメリカの歴史学者。主要著作に、スチュアート・L・ベルナス賞とアメリカ歴史書賞を受賞した、A World Destroyed:The Atomic Bomb and the Grand Alliance(邦訳『破滅への道程:原爆と第二次世界大戦』)、ピュリツァー賞受賞の共著、American Prometheus :The Triumph and Tragedy of Robert J. Oppenheimer(邦訳『オッペンハイマー:「原爆の父」と呼ばれた男の栄光と悲劇』)がある。シャーウィンは熱心な核管理・軍縮論者としても知られているが、2021年に他界し、本書は遺作になった。

三浦 元博  (ミウラ モトヒロ)  (翻訳

1950年生まれ。共同通信社を経て、現在、大妻女子大学社会情報学部教授。主要訳書『東欧革命1989』『レーニンの墓 上・下』『情報戦のロシア革命』『ヤルタからヒロシマへ』『廃墟の零年1945』『レーニン 愛と権力 上・下』『地獄の淵から ヨーロッパ史1914-1949』『分断と統合への試練 ヨーロッパ史1950-2017』『戦時リーダーシップ論』『権威主義の誘惑 民主主義の黄昏』(以上、白水社)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。