版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ケンジントン公園 ロドリゴ・フレサン(著/文) - 白水社
..
詳細画像 0
【書誌情報利用可】

ケンジントン公園 (ケンジントンコウエン)

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:白水社
四六判
494ページ
定価 4,200円+税
ISBN
978-4-560-09070-1   COPY
ISBN 13
9784560090701   COPY
ISBN 10h
4-560-09070-X   COPY
ISBN 10
456009070X   COPY
出版者記号
560   COPY
Cコード
C0097  
0:一般 0:単行本 97:外国文学小説
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年9月30日
最終更新日
2022年2月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「永遠の少年」をめぐる奇想天外な傑作長篇

 児童文学の歴史に燦然と輝く永遠の古典『ピーター・パン』。その生みの親J・M・バリーに着想を与え、ピーター・パンのモデルとなったルウェリン=デイヴィス家の五人兄弟のひとりで、のちに出版社社主となったピーターの自殺で物語は幕を開ける。
 続いて、バリーの幼少期のエピソードに重ね合わせるようにして語り手自身の物語が始まる。章が進むうち、この謎の語り手が、今や知らぬ者はいない子供たちのヒーロー、時を駆ける永遠の少年ジム・ヤングの冒険を描く大人気シリーズの作者ピーター・フックであることが次第に明らかになる。
 バリーが生きたヴィクトリア朝からエドワード朝にかけてのロンドンと、自らが子供時代を過ごした1960年代のスウィンギング・ロンドンを奇妙に交錯させつつ、語り手フックは『ピーター・パン』の物語とバリーの生涯をなぞっていく。だが、そこにはある恐ろしい計画が隠されていた……
 実在/架空の登場人物とビートルズらの音楽に彩られ、獰猛な想像力と「脱線の文体」で紡がれる人生の一夜(ア・ナイト・イン・ザ・ライフ)の物語。アルゼンチンの奇才が放つ、13か国、9言語に翻訳されたファンタスティックな傑作長篇。

著者プロフィール

ロドリゴ・フレサン  (ロドリゴ フレサン)  (著/文

1963年ブエノスアイレス生まれ。1991年、短篇集Historia argentinaでデビュー、一躍ベストセラーとなる。その後、Vidas de santos(1993年)、Trabajos Manuales(1994年)、初の長篇小説Esperanto(1995年)など精力的に新作を発表。1999年バルセロナに居を移し、2001 年の第二長篇Mantraに続き、2003年に刊行した三作目の長篇小説Jardines de Kensingtonによって国際的に名を高め、9言語に翻訳された。近作にLa parte inventada(2014年)、La parte soñada(2017年)、La parte recordada(2019年)からなる「語られた部分」三部作がある。最新作はMelville(2022年)。

内田 兆史  (ウチダ アキフミ)  (翻訳

1968年生まれ。東京外国語大学大学院地域文化研究科博士後期課程単位取得退学。明治大学准教授。共訳書にボラーニョ『2666』(白水社)、ボルヘス『序文つき序文集』(国書刊行会)。

上記内容は本書刊行時のものです。