版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
中欧論 : 帝国からEUへ Le Rider, Jacques(著) - 白水社
...

書店員向け情報 HELP

中欧論 : 帝国からEUへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:白水社
縦180mm
163, 3ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-560-05877-0   COPY
ISBN 13
9784560058770   COPY
ISBN 10h
4-560-05877-6   COPY
ISBN 10
4560058776   COPY
出版者記号
560   COPY
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2004年8月
登録日
2016年7月3日
最終更新日
2016年7月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ハンガリー、ルーマニア、チェコスロヴァキア…。本書は、時代状況によって変化してきた中欧の捉え方をさまざまな立場から詳解し、それが本当に意味するところは何かを探りつつ、ヨーロッパの内奥へと迫りゆく。EU加盟国が二五か国となった今日において、「欧州の仕組み」を考えるための地政学。

目次

第1章 「中欧」という言葉の意味の歴史
第2章 東方におけるドイツの存在感
第3章 「ドイツ国民の神聖ローマ帝国」というモデル
第4章 プロイセン・オーストリアの対抗関係とハプスブルク神話
第5章 諸民族のヨーロッパと中欧におけるユダヤ人のアイデンティティー
第6章 若干の文学風景
第7章 フリードリヒ・ナウマン、一九一四年の理念と帝国主義的地政学
第8章 一九二〇年代以降:競合する「中欧」
第9章 中欧の破壊からドイツの再統一まで

上記内容は本書刊行時のものです。