版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
生薬と漢方薬の事典 田中 耕一郎(著/文 | 編集) - 日本文芸社
..

生薬と漢方薬の事典

発行:日本文芸社
B5判
厚さ20mm
重さ 720g
256ページ
定価 3,000円+税
ISBN
9784537217803
Cコード
C2047
実用 単行本 医学・歯学・薬学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年4月10日
書店発売日
登録日
2020年1月16日
最終更新日
2020年3月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

漢方の処方によく使われる生薬と漢方薬の事典。

漢方の元となる生薬図鑑では、
119の主な生薬について、元となる植物を、
写真と細密なイラストで紹介。
薬効や処方だけでなく、生薬に対する知識や理解を
より深めることができます。

不調やトラブルに対する漢方処方は、
体質や病邪からみています。
どんな体質の人がその症状に陥りやすいのか
どこに原因があるのか、どの漢方薬を処方するのか。
およそ30の症状について個別に解説しています。
専門家による「証」を基準とせず、
体質で判断できるので、
一般の方にもわかりやすい内容です。

漢方薬については、298処方の
適応症状、体質、分量、出典などを紹介。

漢方を学ぶ人だけでなく、
漢方薬局や漢方処方に興味のあるすべての方に
おすすめの一冊です。

目次


はじめに
本書の使い方

1章 漢方とは何か
 漢方の基本
 体を構成する気・血・水
 五臓と六腑
 不調の原因となる三因
 体質と起こりやすい症状
2章 生薬図鑑
 生薬図鑑の見方
column 
3章 症状と漢方処方
4章 よく使われる漢方薬
 漢方を知ろう
 よく使われる漢方薬一覧表
 よく使われる漢方薬の見方
 内服薬
 外用薬

参考文献・URL
この本で取り上げているエキス剤製剤元会社一覧
さくいん
 

著者プロフィール

田中 耕一郎  (タナカ コウイチロウ)  (著/文 | 編集

東邦大学医学部東洋医学科准教授、東邦大学医療センター大森病院東洋医学科診療部長。北海道大学教育学部、富山医科薬科大学医学部医学科(現:富山大学)卒業。自治医科大学付属病院一般内科を経て、東邦大学医学部東洋医学科入局。

奈良 和彦  (ナラ カズヒコ)  (監修

東邦大学医学部東洋医学研究室助教。

千葉 浩輝  (チバ コウキ)  (監修

東邦大学医学部東洋医学研究室医員。

上記内容は本書刊行時のものです。