版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
量子ウォークによる時系列解析 今野紀雄(著/文) - 日本評論社
..
詳細画像 0

量子ウォークによる時系列解析 非定常時系列解析の新手法

発行:日本評論社
A5判
176ページ
定価 4,200円+税
ISBN
9784535789005
Cコード
C3042
専門 単行本 物理学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年9月25日
書店発売日
登録日
2020年8月1日
最終更新日
2020年9月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ランダムウォークを拡張したモデルである「相関付ランダムウォーク」と「量子ウォーク」を紹介し、新しい時系列モデルを提案する。

目次

第1章 ランダムウォーク
1.1 ランダムウォーク・相関付ランダムウォーク・量子ウォーク
1.2 定義と確率測度
1.3 モーメントの計算
1.4 特性関数
1.5 極限定理
第2章 相関付ランダムウォーク
2.1 相関付ランダムウォークとは
2.2 定義
2.3 確率測度
2.4 特性関数,モーメント
2.5 極限定理
2.6 時間発展対称な相関付ランダムウォーク
2.7 ランダムウォーク再訪
第3章 量子ウォーク
3.1 量子ウォークとは
3.2 定義
3.3 確率分布の計算(組合せ論的手法)
3.4 量子ウォーク特有の二つの性質
3.5 局在化の例:停留量子ウォーク
3.6 線形的拡散の例:自由量子ウォーク
3.7 特性関数の組合せ論的表現
3.8 新しいタイプの極限定理の紹介
第4章 ランダムウォークによる時系列モデル
4.1 時系列モデルの定義
4.2 1次元モデル
4.3 具体例
4.4 別の期待値
4.5 一般のデータ
4.6 アニールモデル
第5章 相関付ランダムウォークによる時系列モデル
5.1 時系列モデル
5.2 具体例
第6章 量子ウォークによる時系列モデル
6.1 量子ウォークの定義
6.2 時系列モデル
6.3 2状態1次元モデル
6.4 具体例
6.5 相関付ランダムウォークとの違い
第7章 最小二乗法
7.1 最小二乗法の紹介
7.2 時系列の場合
7.3 具体的な例での比較

著者プロフィール

今野紀雄  (コンノ ノリオ)  (著/文

横浜国立大学大学院工学研究院教授

上記内容は本書刊行時のものです。