版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
客家と毛沢東革命 藤野 彰(著/文) - 日本評論社
..

書店員向け情報

客家と毛沢東革命 井岡山闘争に見る「民族」問題の政治学

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:日本評論社
A5判
440ページ
定価 6,000円+税
ISBN
978-4-535-52591-7   COPY
ISBN 13
9784535525917   COPY
ISBN 10h
4-535-52591-9   COPY
ISBN 10
4535525919   COPY
出版者記号
535   COPY
Cコード
C3022
専門 単行本 外国歴史
出版社在庫情報
不明
発売予定日
登録日
2021年9月25日
最終更新日
2021年10月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

江西・湖南省境の 井岡山から始まった毛沢東の農村革命と、根拠地の主要な族群(エスニック集団)であった客家の関係性の研究。

目次

序章 「客家と革命」をめぐる検討課題
一 中国革命の中の客家
二 「官方歴史学」と客家
三 客家にまつわる疑問点
四 客家の鬱屈と自己主張
五 本書の視点と先行研究の問題点
六 史資料と研究方法
第一章 毛沢東と客家の邂逅――井岡山の「山大王」との同盟
一 毛沢東式農村革命の起点
1 客家居住地域への進軍
2 袁文才と王佐
3 「土匪」と「緑林」の間
4 毛沢東の統一戦線工作
二 根拠地の「特殊」部隊
1 古城会議での袁王問題論議
2 「山大王」の遊民気質
3 袁王部隊の改造作戦
三 革命闘争とアウトロー
1 土匪・会党・客家
2 革命闘争初期の土匪勧誘策
3 毛沢東の「ごろつき」観
第二章 パンドラの箱――土籍と客籍の永年抗争
一 井岡山のエスニック矛盾
1 毛沢東の目に映った「民族」闘争
2 客家への歴史的な偏見・差別
3 土客籍の不平等関係
二 「土籍の党」対「客籍の銃」
1 先鋭化する土客籍の対立
2 土客籍闘争と階級闘争
3 根拠地化に伴う権力構造の変化
三 革命陣営から見た客家の特性
1 客家民衆と革命闘争
2 毛沢東ら現場指導者の客家評価
第三章 「土匪首領を殲滅せよ」――モスクワからの指令と井岡山の動揺
一 六全大会決議と袁王問題
1 モスクワの土匪殲滅方針
2 コミンテルンと中共中央の強硬論
3 革命現場への波紋
二 袁王政策をめぐる内部対立
1 柏路会議の紛糾
2 毛沢東の袁王擁護の思惑
3 狭まる袁王包囲網
三 袁文才逃亡事件の波紋
1 袁文才の戦線離脱と処分問題
2 特委の袁王排除論
3 土客籍の報復合戦
第四章 仕組まれた赤色テロ――土客籍矛盾の暴発
一 機関決定された袁王殺害方針
1 雩田会議での共同謀議
2 中央巡視員・潘心源の任務
二 事件前夜の毛沢東
1 二七会議の「左」傾路線
2 雩田会議と二七会議の連続性
3 毛沢東と雩田会議
三 袁王殺害と客籍民衆の離反
1 引き金になった羅克紹事件
2 永新県城の惨劇
3 根拠地崩壊――内紛の重い代償
四 『彭徳懐自述』の虚実
1 彭徳懐証言の矛盾点
2 彭徳懐と滕代遠の袁王批判
3 陳正人のアリバイ問題
第五章 毛沢東の「不都合な事実」――袁王への対応の変化
一 袁王事件の原因と責任
1 主要な論点と二大要因
2 彭徳懐の「罪状」の政治的背景
3 「袁王殺害は誤り」――毛沢東発言の意味
4 研究の空白部分と本書の仮説
二 毛沢東の対応をめぐる矛盾点
1 南陽会議での袁文才断罪
2 前委の袁王排除策
3 事件関与者の「抜擢」
4 削除された毛沢東発言――中国語版『中国の赤い星』
三 「異分子」排除――分水嶺の一九二九年
1 毛沢東の主導権掌握と急進主義
2 紅軍「階級純化」の加速
3 袁王事件と党内粛清の幕開き
終章 中国共産党政治とエスニック問題
一 トラウマの根拠地――革命史における袁王事件
二 革命イデオロギーと客家
三 毛沢東の「客家」社会調査
四 「語られる客家」と「語られない客家」

著者プロフィール

藤野 彰  (フジノ アキラ)  (著/文

北海道大学名誉教授

上記内容は本書刊行時のものです。