版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
労働法の正義を求めて 武井 寛(編集) - 日本評論社
..
【利用不可】

労働法の正義を求めて (ロウドウホウノセイギヲモトメテ) 和田肇先生古稀記念論集 (ワダハジメセンセイコキキネンロンシュウ)

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:日本評論社
A5判
960ページ
定価 13,000円+税
ISBN
978-4-535-52579-5   COPY
ISBN 13
9784535525795   COPY
ISBN 10h
4-535-52579-X   COPY
ISBN 10
453552579X   COPY
出版者記号
535   COPY
Cコード
C3032  
3:専門 0:単行本 32:法律
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2023年10月27日
最終更新日
2023年12月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

第1部「労働法の基礎理論・方法論」で8本、第2部「個別的労働関係をめぐる法的課題」で12本、第3部「集団的労働関係と公務労働」で6本、第4部「労働市場と社会保障」で9本、第5部「現代的課題への挑戦」で5本、総勢40本の論攷で、和田肇先生の古稀をお祝いするとともに労働法学の到達点を示す大論文集。

目次

第1部 労働法の基礎理論・方法論

日本における労働法とデモクラシー――日本の企業社会におけるハビテゥス(Habitus)変革の展望に寄せて……米津孝司
労働政策の実現手法の動向と課題――個別的労働関係分野を中心に……山川隆一
ソフトローによる労働法規範の柔軟化・再考……和田 肇
19世紀ドイツの労働法制形成におけるF.E.ケテラーの役割……野川 忍
自由主義的労働法批判について――シュピオとハイエク……本久洋一
「開かれた法」の解釈のために……豊川義明
現代イギリスにおける憲法学と労働法学の対話――K. D. ユーイングの政治的憲法論を精読する……愛敬浩二
日本とドイツの労働法における法文化……ロルフ・ヴァンク

第2部 個別的労働関係をめぐる法的課題

労働者(被用者)の逆求償権について……土田道夫
雇止め法理の再検討――労契法19条2号の判断基準について……中村和雄
労基法26条の趣旨とその機能の再考……山下 昇
ドイツにおけるロックダウン中の公的命令に基づく事業所閉鎖と賃金請求の可否――連邦労働裁判所2021年10月13日判決の検討……桑村裕美子
韓国における就業規則の不利益変更の法理……宋剛直
配転・転勤法理の探求――憲法の具体化、民法の労働法的発展の観点から……相澤美智子
韓国と日本における同一労働同一賃金原則――雇用形態による待遇の相違を中心に……盧尚憲
アメリカ男女雇用平等法制の新展開――2022年に制定された3つの連邦法を中心に……中窪裕也
裁量労働制をめぐる諸問題……塩見卓也
ドイツ労働契約における呼出労働の合意の許容性……岡本舞子
最近のドイツにおける労働時間法の展開について――労働時間把握義務と時間外労働に対する賃金請求権の問題を中心に……橋本陽子
自由時間の創造について――複線的な日常を構想する……緒方桂子

第3部 集団的労働関係と公務労働

親会社と労組法7条2号の使用者……川口美貴
アメリカ労働者協同組合の組織化と全国労働関係法……柳澤 武
台湾における不当労働行為裁決の裁判所による審査の発展とその検討……侯岳宏
台灣不當勞動行為制度における行政的救濟の意義とその問題点について――「行政裁決」と「裁判所による救済」との関連を中心に……林良榮
日本における公務員の任用・勤務関係と労働者の労働契約関係の再整序に向けた一試論……早津裕貴
公務員の意見具申と憲法……渡邊 賢

第4部 労働市場と社会保障

職業安定法63条2号と労働権……有田謙司
職業安定法上の労働契約締結過程に係る規制の展開と契約解釈――締結過程の理想形と意思形成のデフォルト……新屋敷恵美子
労働者主導で仕事の知識や技能の向上を目指す仕組み――フランスの職業訓練個人口座(CPF)の考察……柴田洋二郎
高年齢者雇用確保政策の功罪について考える……山川和義
内部柔軟性によるドイツ労働市場の高い調整力……ハルトムート・ザイフェルト
海外療養費についての一考察……岩村正彦
スウェーデンの障害年金制度の概要と特徴――わが国との比較の観点から……中野妙子
「柔軟な」働き方の不平等――社会保障法におけるケアの視角……上田真理
就労貧困への法的アプローチの試み――労働は賢者の石か?……矢野昌浩

第5部 現代的課題への挑戦

労働法と競争法の交錯問題再考……荒木尚志
アルゴリズムと労働法……水町勇一郎
ロシアにおけるプラットフォーム労働従事者……武井 寛
ドイツの人権デューディリジェンス立法の人的適用範囲――特徴と示唆……井川志郎
ドイツ労働法――変化と課題……ライムント・ヴァルターマン

著者プロフィール

武井 寛  (タケイ ヒロシ)  (編集

武井 寛(たけい ひろし)龍谷大学法学部教授

矢野 昌浩  (ヤノ マサヒロ)  (編集

矢野 昌浩(やの まさひろ)名古屋大学大学院法学研究科教授

緒方 桂子  (オガタ ケイコ)  (編集

緒方 桂子(おがた けいこ)南山大学法学部教授

山川 和義  (ヤマカワ カズヨシ)  (編集

山川 和義(やまかわ かずよし)広島大学大学院人間社会科学研究科教授

上記内容は本書刊行時のものです。