版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
私の履歴書 金融はまだまだ面白い 奥 正之(著/文) - 日本経済新聞出版社
..

私の履歴書 金融はまだまだ面白い

四六判
284ページ
定価 1,800円+税
ISBN
9784532358518
Cコード
C0033
一般 単行本 経済・財政・統計
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年2月12日
最終更新日
2020年3月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-04-11 日本経済新聞  朝刊

紹介

★著者は激動の金融界に身を置いて52年。
本書は、逆風下の平成金融界で難題に挑み続けたきた著者が、ITとの融合により新たな局面を迎えたいま、苦闘の30年の道筋を語るもの。
★第1部は、1999年8月、神楽坂の割烹での一室に端を発した「三井」と「住友」の歴史的合併の話に始まり、安宅産業の破産、イラン革命時の債権処理、ゴールドマン・サックスへの出資、赤字決算、バブル崩壊、金融再編、リーマン危機、同危機下での買収競争、ニューヨーク証券取引所への上場など、希代のバンカーとしての経験が綴られる。また、佐藤記者が著者と三井住友銀行について第三者目線で新たに執筆したコラム5本も収録。「金融はまだまだ面白い」という著者から若者へのメッセージも込められています。
★第2部は、2015年7~12月に日本経済新聞夕刊で掲載された「あすへの話題」と追加写真を収録。
★生まれた信州上田と出身地である京都のどちらの縁も大切にし、京都大学OBの縁で大阪フィルハーモニー交響楽団理事長も務める著者と各界の人々との温かな交流も描く。
★巻末に「世界金融年表」として1970~2019年の金融関連の数値グラフを掲載。

目次

Ⅰ 私の履歴書
合併
両親
戦争
上田
京都へ
ほか

Ⅱ あすへの話題
下鴨神社式年遷宮
ラトビアの初夏
夏の祭りに思うこと
背番号23
都心のふれあいの場
ほか

著者プロフィール

奥 正之  (オク マサユキ)  (著/文

三井住友フィナンシャルグループ名誉顧問
1944年生まれ。
1968年京都大学法学部卒、住友銀行入行。1993年国際総括部長、1994年取締役企画部長、1999年統合戦略委員会事務局長、2001年三井住友銀行専務取締役、2003年副頭取、2005年6月三井住友フィナンシャルグループ取締役会長・三井住友銀行頭取、2011年頭取退任、2017年から現職。

上記内容は本書刊行時のものです。