版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 アンドレ・アンドニアン(著/文) - 日経BP 日本経済新聞出版本部
..
詳細画像 0

マッキンゼーが読み解く食と農の未来

四六判
288ページ
定価 2,000円+税
ISBN
9784532358358
Cコード
C0061
一般 単行本 農林業
出版社在庫情報
不明
発売予定日
登録日
2020年6月18日
最終更新日
2020年8月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

●待望の農業戦略白書
 日本農業が高齢化、農地荒廃に直面しているのは事実ですが、これから先どのような戦略を立てるべきなのでしょうか。世界の食糧事情・食習慣の変化、農業手法の革新、プレーヤーの状況の理解無しには、これからの日本農業の戦略は立てられません。本書は、世界的なコンサルティング企業マッキンゼーによる大局観が得られる農業戦略白書。
 マッキンゼーというと日本では戦略立案のプロというイメージが圧倒的に強いのですが、その顧客に多くの世界的な農業関係企業を抱えていることもあり、食糧・農業動向の分析には実績があります。また、ここ数年の日本農業への法人参入を受けて農業ビジネス改革のレポートも公開してきました。本書は、これまで蓄積されてきたマッキンゼーの内外の食糧・農業関連の知見を初めて書籍としてまとめるもの。単に世界動向をまとめるのではなく、各動向が日本に及ぼす衝撃も解説する内容となります。
 本書は、食と農のグローバル・メガトレンドを①大状況の変化、②アグリテックなどの抜本的な技術革新、③政策・規制の変化、④食習慣・ソーシャルファクターの影響、⑤農薬・種子・肥料など上流プレイヤーの変化、⑥消費者ニーズの変化、⑦代替品・代替手法の進化、⑧新規参入プレイヤーの8つのポイントで整理し、各々が日本農業にどのような影響を及ぼすのかを解説し、日本農業の生産性向上に何が必要か、進むべき方向と解決策は何かを提言します。マクロからミクロまでバランスの取れた内容になります。
●他者が追随できない内容
 日本での食糧・農業の分析においては、他業種の分析やグローバルな動向分析の知見に基づくものは少なかった。また農業経済学者も個人でこのような包括的な分析を行うことは困難であり、またミクロとマクロの分析をつなげられる人材が不足していることもあって、このような包括的な分析はなされていない。Agtechなどの新技術についても解説する本書は、農業ビジネスへの新規参入を考えている企業にとっても有益な情報がえられる内容になっている。また、本書は豊富な図表を駆使したビジュアルな内容になる。データは官僚・研究者にとっても利用価値の高いものだ。

著者プロフィール

アンドレ・アンドニアン  (アンドレ アンドニアン)  (著/文

(André Andonian)
マッキンゼー日本支社長
マッキンゼー・アンド・カンパニー シニアパートナー
主に自動車、組立産業、先端エレクトロニクス、半導体、航空宇宙および防衛 関連分野において、およそ30年にわたり、戦略やオペレーション、組織に関するコンサルティングを世界中の企業に提供。マッキンゼーにおける最高意思決定機関である株主審議会のメンバーを長期にわたって務めるなど、グローバルで多くのチームを指揮している。ウィーン大学大学院修士課程修了(経済・経営科学)、ペンシルベニア大学ウォートン校大学院修士課程修了(経営学)。

川西 剛史  (カワニシ タケシ)  (著/文

マッキンゼー・アンド・カンパニー アソシエイトパートナー 農業博士。
大学院時代は、東京大学において、植物の病気の診断や、病原菌の生態、病気の発生メカニズム等を専門に研究。マッキンゼー・アンド・カンパニー入社前は、東京電力福島原子力発電所事故調査委員会において、食品汚染や森林汚染等を調査。マッキンゼー入社後は、製造業、素材系、金融業等、幅 広い分野を経験。最近では、農業・化学業界において、戦略立案および現場に おける実行支援、企業の変革における組織設計・人材育成に従事。

山田 唯人  (ヤマダ ユイト)  (著/文

マッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー
大学在学中に米国公認会計士を取得。慶應義塾大学経済学部卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーの東京支社に入社。ロンドン支社を経て、現在サステナビリティ研究グループのアジア・リーダーを務める。主に資源分野(食 糧・農業・水・ケミカル分野)の課題に取り組む。日本の農産物の生産性向 上・環境技術の新興国参入戦略や、公的セクター、経済成長と Green Growth の両立を目指す特区の設計などをアジアで行う。2011年世界経済フォーラム (ダボス会議)のグローバル・シェーパーズに選出され、2013年1月ならびに 2020年1月にスイス・ダボス会議に出席。

上記内容は本書刊行時のものです。