版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
新・航空機産業のすべて 中村 洋明(著/文) - 日経BP 日本経済新聞出版本部
..
詳細画像 0

新・航空機産業のすべて 「空飛ぶクルマ」から次期ステルス戦闘機まで

ビジネス
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
436ページ
定価 3,800円+税
ISBN
978-4-532-32417-9   COPY
ISBN 13
9784532324179   COPY
ISBN 10h
4-532-32417-3   COPY
ISBN 10
4532324173   COPY
出版者記号
532   COPY
Cコード
C3053
専門 単行本 機械
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年5月19日
最終更新日
2021年7月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

航空機ビジネスに精通するプロが解説した、唯一無二の決定版テキスト!
コロナ禍で業界・企業はどうなる? 「環境適合」「空の移動革命」「超音速」の未来像を俯瞰する。

目次

全面改訂版『新・航空機産業のすべて』発行に際して
初版はしがき

序章 これからの航空機産業を展望する
1 新型コロナウイルスの影響は? 
2 三菱スペースジェットMSJの凍結をどう受け止めるべきか 
3 進展する電動化 
4 「空飛ぶクルマ」の社会実装に向けて:巨大市場の誕生か? 
5 民間超音速機(ビジネスジェット、旅客機)復活の動き
6 実用化が近づく宇宙旅行用「スペースプレーン」 
【コラムA】目覚ましい発達を続けてきたドローンとは

第1章 なぜ「航空機産業」なのか?──特質と重要性
1 日常生活に不可欠な交通手段を提供する 
2 最も広がりのある産業である 
3 多くの分野のイノベーションを先導する産業である 
4 わが国に最適な産業である 
5 世界でも数少ない安定成長産業である(コロナ禍でしばらく足踏みするが) 
6「国際共同」が当たり前の産業である 
7 安全保障上必須の産業である 
【コラムB】航空宇宙分野で学ぶ人たちの将来進路決定の参考に 

第2章 いま日本の航空機産業はどうなっているのか
1 今、日本の航空業界(エアラインなど)はどうなっているのか 
2 日本の航空機工業の現状とは 
3 戦前・戦後の歩みを振り返る 
4 主要な海外プログラムへの参画状況(エンジン、装備品を含む取り組み) 
5 最近の開発プログラム
6 動き出した次期戦闘機の開発 

第3章 航空機分野と民生分野はシナジー効果が絶大
1 高度なニーズがイノベーションと相互波及効果をもたらす 
2 風力発電やガスタービンに代表される航空機の製品技術 
3 耐熱合金、チタン合金などの高級材料の採用 
4 民生用途に使われる航空機の手法(風洞試験、CFD、CAD・CAMなど) 
5 航空機技術の粋を結集したリニアモーターカー 
6 高速艇「ジェットフォイルはボーイングが開発した
7 民生用の液晶、LED、AV機器などの航空機への展開 
8 日本が得意とする製品技術が続々と採用(MEMS、RFID、次世代電池など) 
9 IFEC(機内エンターテインメント・インターネットシステム)には民生技術が結集している 
10 CFRP(炭素繊維強化プラスチック)は両分野を往来しながら進化 

第4章 航空機と構成品の開発プロセスを知る
1 主要材料の現状と変遷:日本が得意とするCFRPが主役に 
2 航空機用部品の主要な生産プロセス:3Dプリントも存在感を発揮してきている
3 生産・整備用機材:航空機工業界で大活躍する日本の工作機械 
4 航空機は部品点数が数百万点の巨大システムだ 
5 機体の企画から運航まで 
6 エンジンの設計から出荷まで 
7 装備品の受注から出荷まで:設計は受注前から始まっている 
8 設計、試作、試験などはどのように行うのか:型式証明取得まで

第5章 航空機産業界の構造と動向を見る
1 航空機産業界を構成するプレイヤー 
2 プレイヤー間の関係とサプライチェーン 
3 エアライン:生き残りを図る大手と台頭するLCC 
4 民間輸送機(大型輸送機、リージョナル機):拡大する細胴機市場 
5 ビジネスジェット:日本は活用面で後れをとっている! 
6 ヘリコプター:用途拡大と安全性向上、高速化が進行中 
7 推進機関(エンジンとプロペラ):進化を続ける航空機の心臓、バイオ燃料も登場 
8 装備品(システム、機器):大きなコスト比率、完成機の評価を左右 
9 MRO(Maintenance, Repair & Overhaul):成長するアフターマーケット 
10 航空機工業界に共通する動向 
【コラムC】航空機産業参入を考えている人たちの参考に──論点整理 

全面改訂版『新・航空機産業のすべて』を書き終えて 
参考文献 
索引
著者紹介

著者プロフィール

中村 洋明  (ナカムラ ヒロアキ)  (著/文

博士(工学) 大阪府立大学客員教授 技術経営研究家
元英国法人SSSL(Silicon Sensing Systems Ltd.)取締役会長 元住友精密工業専務取締役
1967年、大阪府立大学大学院工学研究科航空工学専攻修了。住友精密工業入社。航空機用装備品の設計・開発業務に主として従事。世界の航空宇宙防衛大手BAEシステムズ社と折半出資の合弁会社SSSLを責任者として立ち上げ、自動車市場を対象に事業展開。拓殖大学、立命館大学、大阪府立大学の客員教授などを歴任。航空機産業参入を目指す企業などの指導・支援で活躍中。

旧版ISBN
9784532318604

上記内容は本書刊行時のものです。