版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
日本型ブリッツスケール・メソッド 島田 直樹(著/文) - 日本経済新聞出版社
..

日本型ブリッツスケール・メソッド 日本M&Aセンターの経営成長戦略

四六判
272ページ
定価 2,000円+税
ISBN
9784532323332
Cコード
C3034
専門 単行本 経営
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年2月12日
最終更新日
2020年3月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

著者である島田氏は、台湾エバーグリーン財閥運営ファンドの社外監査役のほか、国内上場企業の社外取締役などを多数歴任し、数々の実績を誇る経営コンサルタント。
日本M&Aセンターの社外取締役を2007年から2018年まで務め、経営アドバイスをしながら、上場、そして現在に至る同社のブリッツスケール(爆発的成長)を間近で見てきた人物です。
本書は、日本M&Aセンターの成長の軌跡と、積み上げてきた経営・人材育成のノウハウを、第三者の視点から可視化するものである。
成長できる戦略の立て方、確実に実行に落とし込む仕組みを開示し、成長志向の高い企業の経営者・幹部層に向け、ブリッツスケールを促すヒントを示します。

<日本M&Aセンター>
1991年創業。事業承継にいち早く着目し、中堅・中小企業向けにM&Aを通した支援を行うM&A業界のリーディングカンパニーである。2007年、M&A関連専業企業として初の東証一部上場を果たし、現在の時価総額は5,000億円超。今なおブリッツスケールを続けている。
同社は、年間M&A成約支援数770件、実績は累計5,000件以上と、M&A成約件数は国内業界2位企業の5倍、圧倒的な実績を誇っている。その秘密は、創業メンバーの二人(分林保弘・三宅卓)が作り上げた全国の会計事務所・金融機関とのネットワーク。M&Aの買い手・売り手の膨大な情報を武器に、成約率UPへとつなげている。
特筆すべきは、M&Aの成約をゴールとはせず、その後の両社の成長をゴールとする姿勢だ。「買収された」ではなく、「仲間が増えた」「飛躍するチャンスとなった」という顧客の感想が物語るように、顧客企業の成長と自社の成長が実現される、好循環を生み出すメソッドに裏打ちされたビジネスモデルが、日本M&Aセンターの特長である。

目次

 1部 爆発的成長を続ける日本M&Aセンターとは
1章 成長への軌跡

2章 №1M&Aブティックの実力

 2部 ブリッツスケールを支える仕組み
1章 伸び続ける会社の事業戦略の立て方

2章 企業ミッションを達成する経営の仕組み
 
3章 好業績を生む人材育成法

 3部 成長企業へのメソッド
1章 企業にとって「成長」とは

2章 成長企業の戦略と実行のためのインフラ

3章 成長企業に必要な実行力

4章 社員が成長する仕組み・仕掛け

5章 成長企業の経営者に求められるもの

6章 成長できる事業モデルとは

著者プロフィール

島田 直樹  (シマダ ナオキ)  (著/文

株式会社ピー・アンド・イー・ディレクションズ代表取締役
1968年生まれ。一橋大学商学部卒業。マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院修了。
アップル、ボストン・コンサルティング・グループなどを経て、2001年ピー・アンド・イー・ディレクションズ(経営コンサルティングファーム)を創業。
国内外の大企業から中小企業に至るまで、様々な業界の企業300社以上に対し、累計1,000件を超える支援を提供している。
株式会社日本M&Aセンター社外取締役、その他上場企業の社外取締役や東京医科歯科大学大学院非常勤講師を歴任。

上記内容は本書刊行時のものです。