版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
2030 経営ビジョンのつくりかた 時吉 康範(著/文) - 日本経済新聞出版社
..

2030 経営ビジョンのつくりかた 中長期戦略を描く「未来洞察」

四六判
232ページ
定価 2,200円+税
ISBN
9784532322892
Cコード
C0034
一般 単行本 経営
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年6月15日
最終更新日
2019年7月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

新元号「令和」がスタートし、2020年という節目は目前、足元の業績も好調ないまこそ、次の成長に向けての長期ビジョンをつくろう!という経営者は多い。とはいえ、だいたいは社長およびその周辺だけが乗り気になっており、経営企画や現場は当惑する、というケースも少なくないようだ。だいたい、こんなパターンだ。-10年後の話なんて、どこから手をつけていいかわからない-そもそも、そのころどんなテクノロジーが出てきているかもわからないし、予想するだけ時間の無駄だ-この忙しい時期に、悠長にそんなものをつくっているヒマはない-2010年ごろもそういうのをつくったが、役に立っていないし、みんなもう覚えてないよ……などなど。いずれも、ごもっともである。しかし、では未来のことを考えなくてもいいかと問われると、もちろんその必要性はみんなが認識している。本書は、意味のある「中長期ビジョン」を作り上げ、実行にまで落とし込んでいく手法を解説するものである。◆本書の特徴。-実際に企業の未来ビジョン策定を手伝ってきた著者が、具体的な事例をもとに展開する-陥りやすいワナ、ありがちな失敗をとりあげ、それらを防ぐ方法を紹介する-線形予測(少子高齢化、デジタル化など、誰もが予測できる未来)と 非線形予測(非連続的で、業界構造を破壊してしまうインパクトを持つ変化)のかけ算で、 自らつくるべき未来を描く「未来洞察」の手法を説明-実践的な9つのステップを解説。長期ビジョン作成から現場に浸透させ、 実行計画にまで落とし込む段階までをフォローする。

目次

第1部 何をすべきか、何を知っておくべきか

第1章 VUCA時代におけるビジョンの意義

第2章 ビジョンをめぐる経営企画部門の悩み

第3章 中計という不毛な定例行事

第4章 ビジョン・中計策定でつまずくポイント

第2部 どのようにすべきか

第5章 ビジョン策定の体制とスキル

第6章 ビジョン策定のステップ

第7章 ビジョン策定方法としての未来洞察

第8章 未来を議論する場を作る

第3部 ケーススタディ

第9章 ビジョン・戦略策定と未来予測・洞察の活用

上記内容は本書刊行時のものです。