版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
コロナ制圧  その先の盛衰 梅屋 真一郎(著/文) - 日経BP 日本経済新聞出版本部
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

書店員向け情報

書店注文情報

受注センター:
注文電話番号:
注文FAX番号:
受注センター②:
注文電話番号:
注文FAX番号:
注文サイト:
9784532264642
日経プレミアシリーズ 464

コロナ制圧 その先の盛衰

新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
新書判
248ページ
定価 900円+税
ISBN
978-4-532-26464-2   COPY
ISBN 13
9784532264642   COPY
ISBN 10h
4-532-26464-2   COPY
ISBN 10
4532264642   COPY
出版者記号
532   COPY
Cコード
C1234
教養 新書 経営
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年7月16日
最終更新日
2021年8月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-10-16 日本経済新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

2022年春 社会・経済は正常化へ!

「長いトンネル」の向こうには何が待つのか! ?
ワクチン接種の加速により、長きにわたる混乱からの出口が見えてきた。
22年春には、社会・経済の正常化が現実になる。
しかし、コロナ後の日本はそれまでとは大きく異なる。
低採算企業の再編は? 人手不足の解消は? 行政・社会・企業のデジタル化は?
政府に数々の提言をしてきたキーパーソンが近未来図を描く。

○コロナ危機の混迷が長引き、「コロナ敗戦」という言葉も出回るようになった。
だが実は、この長い混乱からの出口は見えてきている。
混迷脱出のカギはワクチン接種の急速な拡大である。
英米など接種の先行国は感染抑制に成功し、経済活動再開に踏み切った。日本も数カ月の時間差で急速にこれらの国々を追いかけており、秋には「感染制圧」の出口が見え、
感染拡大リスクのある冬を超えた来春には、社会・経済の正常化が現実のものとなる。

○しかし、「コロナ後」の日本社会は、「コロナ前」とは大きく異なる。
それは、(1)従来以上の人手不足の深刻化、(2)コロナでとどめを刺された低採算企業(ゾンビ企業)のいよいよの淘汰・退出と業界再編、(3)必然的な社会・企業・行政のデジタル化とそれに適応出来ない中間管理職層の消滅、等である。

○この大きな変化への対応の可否が、日本が「新しい高生産性・躍動感ある社会」となるか、「衰退が加速し、世界から見捨て忘れられる社会」となるかの大きな境目となる。

○本書は、「感染制圧」が見えてくる21年秋のタイミングで発刊することにより、その先どのようにして「感染制圧」が確実になり、社会が正常化へ向かうのかを、先行国の事例を踏まえて読者に指し示す。
さらに「コロナ後」が、読者にとっても社会にとっても、「チャンス」にも「リスク」にもなりうることを伝える。

目次

第1章 出口が見えたコロナ危機

第2章  「魔法のワクチン」実現は1人のハンガリー人女性科学者がきっかけ

第3章  正常化に向けてこれからどうなる、何がいつ起きる

第4章  「コロナ後」に社会はどうなる

第5章  「コロナ後」に企業はどうなる

第6章  「コロナ後」の大変革をもたらすデジタル化

第7章  「再び輝く日本」となるか「忘れ去られる日本」となるか

著者プロフィール

梅屋 真一郎  (ウメヤ シンイチロウ)  (著/文

野村総合研究所未来創発センター 制度戦略研究室長
東京大学卒業、野村総合研究所入社、システムサイエンス部配属の後、NRIアメリカ(ニューヨーク)、野村ローゼンバーグ(サンフランシスコ)出向。帰国後、金融関連本部にて活動。経営企画部を経て、2013年4月より現職。

上記内容は本書刊行時のものです。