版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
もう泣かない電気毛布は裏切らない 神野 紗希(著/文) - 日本経済新聞出版社
..

もう泣かない電気毛布は裏切らない

四六判
224ページ
定価 1,700円+税
ISBN
9784532176785
Cコード
C0092
一般 単行本 日本文学詩歌
出版社在庫情報
不明
発売予定日
登録日
2019年9月18日
最終更新日
2019年10月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

俳句甲子園世代の旗手、待望の初エッセイ集

恋の代わりに一句を得たあのとき、私は俳句という蔦にからめとられた。

幼い息子の声、母乳の色、コンビニのおでん、蜜柑、家族、故郷……日常の会話や風景が、かけがえのない顔をして光り出す。

人は変わらないけど、季節は変わる。言われてみればそうかもしれない、と頷く。
定点としての私たちが、移ろいゆく季節に触れて、その接点に小さな感動が生まれる。過ぎ去る刻をなつかしみ、眼前の光景に驚き、訪れる未来を心待ちにする。
その心の揺れが、たとえば俳句のかたちをとって言葉になるとき、世界は素晴らしいと抱きしめたくなる。生きて、新しい何かが見たいと思う。(「あとがき」より)

目次

第一章 ここもまた誰かの故郷氷水――夏

第二章 檸檬切る記憶の輪郭はひかり――秋

第三章 負けてもいいよ私が蜜柑むいてあげる――冬

第四章 短めが好きマフラーも言の葉も――俳句

第五章 母乳ってたんぽぽの色雲は春――春

著者プロフィール

神野 紗希  (コウノサキ)  (著/文

俳人
1983年、愛媛県松山市生まれ。高校時代、俳句甲子園をきっかけに俳句を始める。2002年、第1回芝不器男俳句新人賞坪内稔典奨励賞受賞。NKK‐BS「俳句王国」司会、Eテレ「俳句さく咲く! 」選者などを務める。お茶の水女子大学大学院博士後期課程修了。18年『日めくり子規・漱石 俳句でめぐる365日』で第34回愛媛出版文化賞大賞受賞。句集に『星の地図』『光まみれの蜂』、著書に『女の俳句』『初心者にやさしい俳句の練習帳』など。現代俳句協会青年部長。明治大学・聖心女子大学講師。

上記内容は本書刊行時のものです。