版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
”負動産”にしないための 実家の終活 小島一茂(著/文) - 同文舘出版(株)
..

”負動産”にしないための 実家の終活

趣味・実用
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
200ページ
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-495-54114-9   COPY
ISBN 13
9784495541149   COPY
ISBN 10h
4-495-54114-5   COPY
ISBN 10
4495541145   COPY
出版者記号
495   COPY
Cコード
C0032  
0:一般 0:単行本 32:法律
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2022年4月18日
最終更新日
2022年6月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

親が住む家、つまり自分にとっての実家を相続したら、
自分が住む、売却する、人に貸す、のいずれかを選択することになります。
相続の発生から相続税の申告までの期間は10カ月しかなく、
方針が決まらずに期間が過ぎると、空き家を生み出すことになります。

今や全国の住宅の「7戸に1戸が空き家」となっており、2033年には「3戸に1戸が空き家」になる可能性がある、ともいわれています。

親が高齢なら、介護施設への入居も検討する必要があるでしょう。
その場合、自宅を売却して介護費用を捻出する選択も考えられます。

実家の空き家化を防ぐには、事前に大まかな方針を決めておいて、相続時の手続きをスムーズに進めることが大切です。
「実家をどうするか?」は、親が元気なうちに、家族みんなで話し合っておくべき問題です。(「はじめに」より抜粋)


相続の基本的な知識と、【住む】【売る】【活用する】各パターンのステップや注意点、必要な準備を紹介。


◎相続税や実家の維持コストってどれくらい?
◎空き家を放置したらどうなる?
◎「実家の終活」を進める最適なタイミングは?
◎売却価格を上げるためにやっておくべきことは?

目次

1章 あなたの「家」、これからどうなる?
日本は「空き家だらけ」という現実/いろいろかかる! 実家の維持コスト/空き家を放置していたらどうなるか?/「土地の有効活用」を知らないと大損をする など

2章 「家」と相続の話―親子で決めておくべきこと
準備が9割! 「負動産」にしないために、いつからどんなことを決めておく?/親が認知症になる前に考えておきたいこと/売る場合には確認しておきたい、隣地との境界線/借地の上に立つ実家を相続した場合の注意点/農地を相続したらどうなる? など

3章 【住む】 実家のどこを直せばいい?
相続した実家に住むとしたら、リフォームを考える時期はいつ?/耐震リフォームが必要な場合は?/火災保険を積極的に活用して修理する/安心して仕事を任せられるリフォーム会社の選び方 など

4章 【売る】 上手に売るにはどうする?
その家、売る? 売らない? どっちが得?/相続した不動産を売却する流れ/不動産の立地別売却のポイント/少しでも売却価格を上げるためにやっておくべきこと など

5章 【活用する】 実家の有効活用を考えよう
賃貸経営の基礎知識/空き家バンクやマイホーム借上げ制度は使える?/その建物・土地は何に使える? 不動産活用のいろいろな例 など

付録 明るい未来のために今すぐ始めよう! 「家」を活かす準備

著者プロフィール

小島一茂  (コジマカズシゲ)  (著/文

株式会社コジマ代表取締役社長
1968年、埼玉県出身。東京都港区在住。大学卒業後の1991年、フジサンケイグループの不動産建設会社に入社。98年に退職後、父の経営する株式会社コジマに入社。2004年に代表取締役社長に就任。不動産の管理、売買・賃貸の仲介・代理、コンサルティング、リフォーム、土地の有効活用など、不動産の専門家として幅広く活動。空き家・空き地問題、相続の問題に積極的に取り組んでいる。2021年に「片付け整理ドットコム」を立ち上げ、不動産・建築の視点に基づき「家の整理」全般のサービスを提供。2021年に創業50年を迎え、大手町サンケイプラザホールで創業50周年記念パーティーを開催。
幼少期から父に野球の教育を受け、帝京高校時代、甲子園に二度出場。91年、オーストラリアゴールドコーストで行なわれたRBA日本不動産野球連盟第3回日豪親善野球大会に日本代表として出場し、最優秀選手賞(MVP)を受賞。

上記内容は本書刊行時のものです。