版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
街場の米中論 内田 樹(著/文) - 東洋経済新報社
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2
【利用不可】

街場の米中論 (マチバノベイチュウロン)

このエントリーをはてなブックマークに追加
46
縦188mm 横130mm 厚さ16mm
重さ 273g
248ページ
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-492-44479-5   COPY
ISBN 13
9784492444795   COPY
ISBN 10h
4-492-44479-3   COPY
ISBN 10
4492444793   COPY
出版者記号
492   COPY
Cコード
C3033  
3:専門 0:単行本 33:経済・財政・統計
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年12月19日
書店発売日
登録日
2023年10月16日
最終更新日
2023年12月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2024-02-10 東京新聞/中日新聞  朝刊
2024-01-20 毎日新聞  朝刊
評者: 橋爪大三郎(社会学者)
MORE
LESS

紹介

疫病と戦争で再強化される「国民国家」はどこへ向かうのか。
拮抗する「民主主義と権威主義」のゆくえは。
希代の思想家が覇権国「アメリカ」と「中国」の比較統治論から読み解く。

アメリカにはアメリカの趨向性(あるいは戦略)があり、中国には中国の趨向性(あるいは戦略)がある。それを見分けることができれば、彼らが「なぜ、こんなことをするのか?」、「これからどんなことをしそうか?」について妥当性の高い仮説を立てることができる。それがこれからこの本の中で僕が試みようとしていることです。(第1章より)

アメリカと中国というプレイヤーがどうふるまうかによって、これからの世界の行方は決まってきます。僕たち日本人にできることは限られています。直接、両国に外交的に働きかけて彼らの世界戦略に影響を及ぼすということは日本人にはできません。日本自体が固有の世界戦略を持っていないのですからできるはずがない。できるのは、両国の間に立って、なんとか外交的な架橋として対話のチャンネルを維持し、両国の利害を調整するくらいです。それができたら上等です。
とりあえず僕たちにできるのは観察と予測くらいです。この二つの超大国がどういう統治原理によって存立しているのか、短期的な政策よりも、基本的にどのような趨向性を持っているのか、それをよく観察して、世界がこれからどういう方向に向かうのか、どのような分岐点が未来に待ち受けているのか。(第1章より)

目次

第1章 帰ってきた「国民国家」時代の主導権争い

第2章 自由のリアリティ

第3章 宗教国家アメリカの「大覚醒」

第4章 解決不能な「自由」と「平等」

第5章 ポストモダン後にやってきた「陰謀論」時代

第6章 「リンカーンとマルクス」という仮説

第7章 国民的和解に向かうための「葛藤」

第8章 農民の飢餓

第9章 米中対立の狭間で生きるということ

著者プロフィール

内田 樹  (ウチダ タツル)  (著/文

内田 樹(ウチダ タツル)
思想家
1950年生まれ。思想家、武道家、神戸女学院大学名誉教授、凱風館館長。著書に『ためらいの倫理学』(角川文庫)、『寝ながら学べる構造主義』(文春新書)、『死と身体』(医学書院)、『街場のアメリカ論』(NTT出版)、『私家版・ユダヤ文化論』(文春新書、第6回小林秀雄賞受賞)、『街場の中国論』(ミシマ社)、『日本辺境論』(新潮新書、新書大賞2010受賞)、『街場の天皇論』(東洋経済新報社)、『属国民主主義論』(白井聡氏との共著、東洋経済新報社)、『レヴィナスの時間論』(新教出版社)、『コロナ後の世界』(文藝春秋)など多数。2011年4月に多ジャンルにおける活躍を評価され、第3回伊丹十三賞受賞。

上記内容は本書刊行時のものです。