版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
日本人のための英語入門 三浦 順治(著/文) - 東京書籍
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

日本人のための英語入門 結論を先に言う練習帳

語学・辞事典
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:東京書籍
A5判
272ページ
定価 1,700円+税
ISBN
978-4-487-81490-9   COPY
ISBN 13
9784487814909   COPY
ISBN 10h
4-487-81490-1   COPY
ISBN 10
4487814901   COPY
出版者記号
487   COPY
 
Cコード
C0082
一般 単行本 英米語
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年4月
書店発売日
登録日
2021年3月12日
最終更新日
2021年3月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

脳にしみついた日本語は一生つきまとう…ならば、どう学習するべきか?

 英語と日本語では、物事を伝えるときの伝え方の順が根本的に大きく異なる。英語の「重点先行」と日本語の「結論は後で」の違いは、コミュニケーションにおいて極めて重大な意味をもっている。それは、どちらのネイティブもお互いに自分の言語習慣からくるexpectation(予測)をもっているからだ。この違いを知らないとき、コミュニケーションは互いに違和感をもちながら進むことになる。
 本書では、日本語と英語の文法的な違いと論理の違いを、修飾構造、センテンスという単位から、さらに広げてパラグラフ、そして小論文やレポートの構成までを、日本語と英語の両方を対照しながら解説する。「日本語ネイティブ」のためのまったく新しいアプローチの英語入門書。

目次

I 文(センテンス)
運命的な、日本語と英語の述語の位置の違い 
結論を始めに言う英語のセンテンス、結論は最後の日本語のセンテンス 
英語の基本五文型はそのままでは使い物にならない 
まず短文を駆使しよう
【英語脳にすばやく切り替える英作文トレーニング1】
語順に厳しい英語、融通の利く日本語
【英語脳にすばやく切り替える英作文トレーニング2】
英語と日本語の文の長さを比べてみよう 
日本人の英語が未熟であるといわれる一つの理由
ネイティブ並みの長さの英語のセンテンスを書く 
日英センテンスの比較のまとめ


II 段落(パラグラフ)
日本語の段落(パラグラフ)――段落とパラグラフは同じではない
先ずは話題からの英語の段落
パラグラフの基本の型は三つ
トピックセンテンス(話題文)の意義・働き
サポートの仕方の順序
トピックセンテンスをどう書くか 
サポート
パラグラフの長さ
ラブレターもパラグラフ書き
英語のパラグラフの構造 
英語の「パラグラフ」と日本語の「段落」
パラグラフの基本の型(英語の例) 
トピックセンテンスとサポート  
トピックセンテンスの欠如 
トピックセンテンスにはどんな構造のセンテンスが使われるか
積極的サポート・消極的サポート
日英パラグラフの展開法の差 
直線型の英語、遠回りの日本語 


III 文章(英語のレポートと日本語の小論文) 
基本原理は英語・日本語同じと考えよ 
論理的に小論文を組み立てるノウハウを身につけよう 
段落(パラグラフ)と小論文の違い 
英語小論文の代表的な枠組み二つ 
小論文(導入・展開・結論)を組み立ててみよう 
小論文に起承転結を持ち込むな 
小論文を論理的にする二つのこと――unity(脱線しない)、coherence(つながりが良い) 
日本語と英語の小論文の展開の基本的な違い

著者プロフィール

三浦 順治  (ミウラ ジュンジ)  (著/文

著者:三浦順治
1931年秋田県生まれ。
秋田大学学芸学部卒業後、ミシガン大学へフルブライト留学。秋田大学教授、聖霊女子短期大学教授、ミネソタ州立セントクラウド大学長期客員教授、秋田県立大学教授等を経て、秋田大学名誉教授・秋田県立大学名誉教授。
実用英語検定試験1級問題作成委員。全国英語教育学会副会長。日本国際理解教育学会理事。中学校英語検定教科書 NEW HORIZON English Course(東京書籍)編集者。
著書に『ネイティヴ並みの「英語の書き方」がわかる本』(創拓社、2006)、『英語流の説得力をもつ日本語文章の書き方』(創拓社、2009)など。

上記内容は本書刊行時のものです。