版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
当事者は嘘をつく 小松原 織香(著/文) - 筑摩書房
.
【利用不可】

当事者は嘘をつく (トウジシャハウソヲツク)

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:筑摩書房
四六判
208ページ
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-480-84323-4   COPY
ISBN 13
9784480843234   COPY
ISBN 10h
4-480-84323-X   COPY
ISBN 10
448084323X   COPY
出版者記号
480   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年1月27日
書店発売日
登録日
2021年12月22日
最終更新日
2024年5月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2022-09-17 毎日新聞  朝刊
評者: 橘玲(作家)
MORE
LESS

紹介

「私の話を信じてほしい」哲学研究者の著者は、傷を抱えて生きていくためにテキストと格闘する。自身の被害の経験を丸ごと描いた学術ノンフィクション。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「私の話を信じてほしい」
哲学研究者が、自身の被害経験を丸ごと描く。

性被害ほど定型的に語られてきたものはない。かねがねそれでは足りない、届かないという思いを抱いてきた。本書には、当事者と研究者、嘘かほんとうかをめぐって幾層にも考え抜き、苦しみ格闘したプロセスが描かれている。これこそ私が待っていた一冊である。――信田さよ子

ジャック・デリダ、ジュディス・ハーマン、田中美津、渡辺京二らのテキストを参照しつつ、新しい語りの型を差し出そうとする試み。

目次

まえがき
第一章 性暴力と噓
第二章 生き延びの経験
第三章 回復の物語を手に入れる
第四章 支援者と当事者の間で
第五章 研究者と当事者の間で
第六章 論の立て方を学ぶ
第七章 私は当事者ではない
第八章 再び研究者と当事者の間で
第九章 語りをひらく
あとがき

著者プロフィール

小松原 織香  (コマツバラ オリカ)  (著/文

学術振興会特別研究員PD(関西大学)。2017年、『性暴力と修復的司法』(ジェンダー法学会奨励賞)出版。論文「野生の声を聴く」(『早稲田文学2020夏)など。

上記内容は本書刊行時のものです。