版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
インド洋海域世界の歴史 家島 彦一(著/文) - 筑摩書房
..

インド洋海域世界の歴史 (インドヨウカイイキセカイノレキシ) 人の移動と交流のクロス・ロード (ヒトノイドウトコウリュウノクロスロード)

文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:筑摩書房
文庫判
672ページ
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-480-51069-3   COPY
ISBN 13
9784480510693   COPY
ISBN 10h
4-480-51069-9   COPY
ISBN 10
4480510699   COPY
出版者記号
480   COPY
Cコード
C0122  
0:一般 1:文庫 22:外国歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年9月9日
書店発売日
登録日
2021年7月21日
最終更新日
2021年8月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

陸中心の歴史観に異を唱え、海から歴史を見る重要性を訴えた記念碑的名著。世界を一つにつなげた文明の交流の場、インド洋海域世界の歴史を紐解く。

===
グローバル経済の起源は大航海時代にあると言われる。しかしそれよりはるか前、インド洋海域世界には二千年以上もの間、様々な民族、人種、宗教が交じり合う自由で自立した大経済圏が存在していた。季節風を利用した航海技術の確立により長距離交易が盛んに行われ、アフリカから地中海世界、西アジア、インド、東南アジア、中国にわたる広大な地域が一つに結ばれていたのだ。しかしレコンキスタ終結後、この経済網はヨーロッパ人に破壊され、奪われていく。イスラームの影響下で栄えた大経済圏・文化圏の全体像を、膨大な史料とフィールドワークをもとに描き出す、海域史研究の記念碑的名著。
===

グローバル経済を生んだ海
海域史研究の記念碑的名著

著者プロフィール

家島 彦一  (ヤジマ ヒコイチ)  (著/文

家島 彦一(やじま・ひこいち):1939年、東京都生まれ。慶應義塾大学修士課程修了。文学博士。東京外国語大学名誉教授。専門はイスラーム史、東西交渉史。著書に、『海域から見た歴史』『イブン・バットゥータと境域への旅』(名古屋大学出版会)、『イブン・バットゥータの世界大旅行』(平凡社新書)などが、訳書に、イブン・バットゥータ『大旅行記』、イブン・ファドラーン『ヴォルガ・ブルガール旅行記』(平凡社)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。