版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
生きていく絵 荒井 裕樹(著/文) - 筑摩書房
.
【利用不可】
ちくま文庫 (チクマブンコ)巻次:あ-66-1

生きていく絵 (イキテイクエ) アートが人を〈癒す〉とき (アートガヒトヲイヤストキ)

文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:筑摩書房
文庫判
272ページ
定価 900円+税
ISBN
978-4-480-43856-0   COPY
ISBN 13
9784480438560   COPY
ISBN 10h
4-480-43856-4   COPY
ISBN 10
4480438564   COPY
出版者記号
480   COPY
Cコード
C0171  
0:一般 1:文庫 71:絵画・彫刻
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年1月10日
書店発売日
登録日
2022年11月25日
最終更新日
2022年12月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-03-05 産經新聞  朝刊
2023-03-04 日本経済新聞  朝刊
2023-02-26 読売新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

心を病んだ人が、絵を描くことで生きのび、描かれた絵に生かされる──。生きにくさの根源を照らし、〈癒し〉の可能性をさぐる希望の書。解説 堀江敏幸

堀江敏幸氏、柴田元幸氏、川口有美子氏 推薦!
『まとまらない言葉を生きる』(柏書房)
で反響を呼んだ気鋭の作家による初文庫!
〈生きにくさ〉の根源を照らし、〈癒し〉の可能性をさぐる希望の書

堀江敏幸氏
「人が人として〈生〉を実践していくうえで必要なことがらを示唆する存在の痛点。そこに触れる勇気が、紹介された人々と共有されているからこそ、全篇に、よい意味でのためらいをともなった明るさの兆しが見えるのではないだろうか」

柴田元幸氏
「痛み、苦しみを前にしてアートに何ができるか。この問いを粘りづよく考える上 で、芸術の力を過信せず、過度に期待もせず、けれど絶望もせず、シニカルにも ならず、ためらいがちの楽天を失わない、「期待」ではなく「希待」の姿勢に貫 かれた本」

川口有美子氏
「患者に固有の歴史があることを認め、個人に接近していくことで、どん底から這い上がるような「生きるだけでも精一杯」「肯定も否定もできない生」への共感を可能にしてしまった。読後の不思議な爽やかさはここからきている。」

【内容紹介】
精神科病院・平川病院にひらかれた〈造形教室〉。ここでは心を病んだ人たちが、アートを通じて、自らを癒し、自らを支える活動をしている。絵を描くことで生きのび、描かれた絵に生かされている──。4人の作家の作品と人生をつぶさに見つめ、〈生〉のありかたを考え、〈生きにくさ〉の根源を照らしだす。こうした思索のなかで〈癒し〉の可能性をさぐる希望の書。解説 堀江敏幸

目次

はじまりの章
「自己表現」で生きていく/アートと〈癒し〉/心の病とアートの関係/自己表現の〈もの〉と〈こと〉
コラム 力の存在、存在の力
コラム アートで心を〈癒す〉

第一章 〈癒し〉とあゆむ 安彦講平
保護室のマリア/鉄格子の威圧感/安彦講平の試み/〈造形教室〉という場/「治す」ことが目的ではない/出来事としての〈癒し〉/「絵」が「人」を描き変えていく/「病気」が絵を描くわけではない/苦しみは簡単には描けない/心の病いが「治る」とは
コラム 「丘の上病院」を語り伝えるために……

第二章 〈病い〉をさらす 本木健
宿題/「病気」への気づき/絵との出会い/「傷」のある自分/「芸術とは、治ってはいけない病気なのだ」/「生きる」ことと「在る」こと/〈生〉の重みと厚み
コラム 生きにくさのなかの文学

第三章 〈魂〉をふちどる 実月  
「わたし」の輪郭線/〈図〉としての「わたし」/「表現することは許されること」/〈場〉の世界を描く/絵が「輪郭」を帯びていく/「憎悪」と「愛着」がせめぎ合う/「苦しみ」と「苦しいこと」/実月さんの〈癒し〉/「変わり合う」ことで「支え合う」
コラム 「解釈」よりも「共感」を  

第四章 〈祈り〉をちぎる 江中裕子  
「犠牲」を信じられるか?/「医療」のなかのコラージュ/江中裕子の来た道/〈造形教室〉との出会い/江中裕子の作品世界/「私の心と体は透明に思える」/「自分が汚い」/世界の〈汚さ〉を引き受ける/『喜怒哀楽』/〈哀しみ〉や〈憎しみ〉は誰が引き受けるのか/「信じる」ことの力
コラム 心病む人たちの芸術活動
コラム 「きらめく破片」たち

第五章 〈疼き〉をほりおこす 杉本たまえ
痛みの表現者/塗りつぶされた『日記』/『食卓の風景』/記憶が痛む/記憶の地層/存在が痛む/「点」が降り積もる/「物語」だけでは解放されない/「表現」が「表現者」を超えていく
コラム 〈こと〉としての文学
コラム 「在る」ものを描くこと ―― アートへの「希待」

まとめの章
アートに何ができるか?/アートは「生きていく」ために必要だ/分析できない力の存在/想像力と感受性を「社会資源」に/「生きていく意味」を描く
あとがき ―― さりげなく、やわらかな言葉のために

文庫版あとがき

解説 ためらいをともなった明るさの兆し  堀江敏幸

著者プロフィール

荒井 裕樹  (アライ ユウキ)  (著/文

荒井 裕樹(あらい・ゆうき):1980年東京都生まれ。二松學舍大学文学部准教授。専門は障害者文化論、日本近現代文学。東京大学大学院人文社会系研究科修了。博士(文学)。著書に『隔離の文学──ハンセン病療養所の自己表現史』(書肆アルス)、『障害と文学──「しののめ」から「青い芝の会」へ』(現代書館)、『障害者差別を問いなおす』(ちくま新書)、『車椅子の横に立つ人──障害から見つめる「生きにくさ」』(青土社)、『まとまらない言葉を生きる』(柏書房)、『凜として灯る』(現代書館)、『障害者ってだれのこと?──「わからない」からはじめよう』(平凡社)などがある。2022年、「第15回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞」を受賞。

上記内容は本書刊行時のものです。