版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
東海林さだおアンソロジー 人間は哀れである 東海林さだお(著/文) - 筑摩書房
.
【利用不可】
ちくま文庫 (チクマブンコ)巻次:し-9-14

東海林さだおアンソロジー 人間は哀れである (ショウジサダオアンソロジー ニンゲンハアワレデアル)

文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:筑摩書房
文庫判
384ページ
定価 880円+税
ISBN
978-4-480-43781-5   COPY
ISBN 13
9784480437815   COPY
ISBN 10h
4-480-43781-9   COPY
ISBN 10
4480437819   COPY
出版者記号
480   COPY
Cコード
C0195  
0:一般 1:文庫 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年12月9日
書店発売日
登録日
2021年10月26日
最終更新日
2024年7月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2022-02-19 朝日新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

夫婦のアレから往生際まで……平松洋子が選ぶニンゲンの本質に迫る東海林作品23編。ぷぷぷと笑って、じんわり沁みて、明日が違って見えてくる。

偉い人の威厳をはぎ取ってみせる「人間は哀れである」をはじめ、国語辞典の性観念を検証する「青春の辞典」、心ゆくまでというのがいかに困難かを語る「往生際」……斜めから見る世の中の可笑しさに思わずニンマリした後に、東海林流ペーソスがじんわり沁みてくる。最高の読み手・平松洋子が選ぶ、人間への愛おしさと哀切を湛えた23の傑作エッセイ。創作の背景に踏み込んだ著者と編者の対談も。

著者プロフィール

東海林さだお  (ショウジ サダオ)  (著/文

東海林さだお=1937年東京生まれ。漫画家、エッセイスト。早稲田大学文学部露文科中退。早大漫画研究会草創期のメンバー。文藝春秋漫画賞、講談社エッセイ賞、菊池寛賞、日本漫画家協会賞大賞を受賞。漫画に『新漫画文学全集』『ショージ君』など、長期連載のエッセイに「男の分別学」「あれも食いたいこれも食いたい」など。

平松 洋子  (ヒラマツ ヨウコ)  (編集

平松洋子=1958年、倉敷生まれ。東京女子大学卒業。エッセイスト。食文化、暮らし、本のことをテーマに執筆をしている。『買えない味』でBunkamura ドゥマゴ文学賞受賞。著書に『夜中にジャムを煮る』『平松洋子の台所』『食べる私』『忘れない味』『下着の捨どき』など。

上記内容は本書刊行時のものです。