版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
「起業参謀」の戦略書 田所 雅之(著/文) - ダイヤモンド社
..
【利用不可】

「起業参謀」の戦略書 (キギョウサンボウノセンリャクショ) スタートアップを成功に導く「5つの眼」と23のフレームワーク (スタートアップヲセイコウニミチビクイツツノメトニジュウサンノフレムワーク)

このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
縦210mm 横148mm
584ページ
定価 2,700円+税
ISBN
978-4-478-11844-3   COPY
ISBN 13
9784478118443   COPY
ISBN 10h
4-478-11844-2   COPY
ISBN 10
4478118442   COPY
出版者記号
478   COPY
Cコード
C0034  
0:一般 0:単行本 34:経営
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2024年1月30日
書店発売日
登録日
2023年11月20日
最終更新日
2024年1月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

★ベストセラー!シリーズ累計25万部超の『起業の科学』『起業大全』の著者、田所雅之氏の最新刊!

★起業参謀を養成する大人気の講座内容を1冊に凝縮!

★今の日本に圧倒的に足りないのは、起業家を支援するメンター/起業参謀だ。

★起業参謀に必要な「5つの眼」と23のフレームワークを初公開。



●2022年11月に内閣主導で発表された「スタートアップ育成5か年計画」は、2027年までにスタートアップへの投資額を10兆円規模にし、将来的にスタートアップ10万社、ユニコーン100社を創出し、日本をアジア最大のスタートアップハブとするという壮大なもの。

●しかし、日本には起業家を脇で支えスタートアップを成功に導ける優秀な起業参謀が、質と量の両面において不足しているのが現状だ。その理由は、これまでに起業参謀が身につけるべき知識やノウハウを体系的にまとめた教科書がなかったことがあげられる。そこに一石を投じるのが本書だ。優れた起業参謀になるために必要なマインド/思考/スキル/フレームワークを明らかにする初の書。

目次

はじめに なぜ、起業参謀が必要なのか?  



第一部 起業参謀の概念、思考法やプロセス編

第1章 起業参謀の価値とは        

・PMFの導き方――起業参謀に必須の知見    

・オセロの四隅を押さえよ――「ムダ」をなくす戦略思考   

・起業参謀が身につけるべき「5つの眼」  



第2章 最大成果を上げる要諦とプロセス  

・起業参謀がメンタリングを行うプロセス   

・コミュニケーションの際に避けたい7つのポイント   

・良いコミュニケーションのための5つのポイント   



第3章 起業参謀に必要な5つのケイパビリティ

・起業参謀に必要な能力とは

・マインド

・全体俯瞰力(知識体系/知見の広さ)

・地頭力(仮説構築力・フレームワーク活用力・ロジカルシンキング力)  

・対人力/アウトプット力(資料作成力・プレゼン力・傾聴力)   

・戦略的学習力   



第二部 起業参謀として活躍するために必要な「5つの眼」のフレームワーク編

第4章 PFMFを目指すための「鳥の眼」を身につけるフレームワーク

・「5つの眼」を持つためのフレームワーク  

・STEEP分析・トレンド分析――事業の未来を捉えるフレームワーク   

・マクロの解像度をさらに高めるSTEEP分析×CTM分析   

・ターゲット市場の魅力度検証   

・TAM、SAM、SOMの分析   



第5章 変化し続ける顧客心理を捉えるための「虫の眼」を身につけるフレームワーク

・真の課題とは何か   

・顧客理解とモチベーショングラフ   

・万能フレームワーク――課題の構造化   

・UXエンゲージメントマップ   

・マーケティングとは    



第6章 勝ち続ける仕組みを作るための「魚の眼」を身につけるフレームワーク

・最強のMOAT構築――ネットワーク効果を身につける   

・コールドスタート問題の解消   

・フライホイールの構築   



第7章 メタ認知力を高めるための「医者の眼」を身につけるフレームワーク

・「医者の眼」を身につけるフレームワーク   

・起業家の成長とスタートアップの成長を同期する     

・KPIの設計と運用      

・スタートアップバランススコアカード   

・スタートアップの目利き   



第8章 圧倒的行動量を引き出すための「人(伴走者)の眼」を身につけるフレームワーク

・リーンキャンバス

・MSP/MVP/Prototype

・CPF/PSFテンプレート

・自社の魅力化ドキュメント



おわりに 起業参謀がスタートアップの道を照らす   

著者プロフィール

田所 雅之  (タドコロ マサユキ)  (著/文

田所雅之(たどころ・まさゆき)

株式会社ユニコーンファーム代表取締役CEO

1978年生まれ。大学を卒業後、外資系のコンサルティングファームに入社し、経営戦略コンサルティングなどに従事。独立後は、日本で企業向け研修会社と経営コンサルティング会社、エドテック(教育技術)のスタートアップなど3社、米国でECプラットフォームのスタートアップを起業し、シリコンバレーで活動。帰国後、米国シリコンバレーのベンチャーキャピタルのベンチャーパートナーを務めた。

また、欧州最大級のスタートアップイベントのアジア版、Pioneers Asiaなどで、スライド資料やプレゼンなどを基に世界各地のスタートアップの評価を行う。これまで日本とシリコンバレーのスタートアップ数十社の戦略アドバイザーやボードメンバーを務めてきた。2017年スタートアップ支援会社ユニコーンファームを設立、代表取締役CEOに就任。2017年、それまでの経験を生かして作成したスライド集『スタートアップサイエンス2017』は全世界で約5万回シェアという大きな反響を呼んだ。

上記内容は本書刊行時のものです。