版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
京都宇治原子炉 玉井和次(著/文) - 群青社
..

書店員向け情報

京都宇治原子炉

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:群青社
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ17mm
重さ 383g
228ページ
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-434-29576-8   COPY
ISBN 13
9784434295768   COPY
ISBN 10h
4-434-29576-4   COPY
ISBN 10
4434295764   COPY
出版者記号
434   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年10月21日
書店発売日
登録日
2021年10月15日
最終更新日
2021年10月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

1950年代、日本における原子力開発の黎明期、東海村に続いて京都の宇治に研究用原子炉を設置する計画があった。1952年、水爆実験実施の翌1953年、アイゼンハワー米大統領は国連で「平和のための原子力」と題して演説。翌54年3月1日に第五福竜丸のビキニ環礁での被曝した翌日の2日、日本の国会に保守政党により突如として原子力予算が提出される。先の計画はこうした流れの中にあって急遽立てられたのである。この計画が決まって日をおかず宇治では茶業者を中心に広範な反対運動が組織され、やがて国会でも論議される事態となる。そして宇治への原子炉設置計画は放棄され、その後の関西各地の候補地でも住民は計画をことごとく押し戻していった。

上記内容は本書刊行時のものです。