版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
自由主義の基盤としての財産権 救国シンクタンク(編集) - 総合教育出版
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2

書店員向け情報 HELP

自由主義の基盤としての財産権

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ16mm
重さ 344g
292ページ
定価 900円+税
ISBN
978-4-434-29470-9   COPY
ISBN 13
9784434294709   COPY
ISBN 10h
4-434-29470-9   COPY
ISBN 10
4434294709   COPY
出版者記号
434   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2022年1月22日
書店発売日
登録日
2021年8月16日
最終更新日
2022年1月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

コロナ禍で私たち国民の権利が侵害されている!?憲法学者「倉山満」率いる「救国シンクタンク」がおくる”日本の未来を考える”シリーズ第1弾。世に問う真の憲法論。

ー「コロナ禍だから」と好き勝手に国民の権利を制限する資格は誰にもない。ー

2020年1月より日本でコロナウィルスの感染が確認されてから、2年が経過した。コロナウィルスが蔓延してから、私たちの社会生活は大きく変化した。変化した日本社会に生きる私たち国民が、コロナ禍における「日本国民の権利」について改めえて考える時が来たのではないか。

目次

はじめに
序章:現在の日本には、国民の自由が大切であるという議論がない
第一章:根源的な自由と憲法の歴史
第二章:大日本帝国憲法と日本国憲法における「有事」と補償
第三章:コロナ禍と緊急事態条項
第四章:ポストコロナへ
横山弁護士レポート
巻末鼎談
おわりに

上記内容は本書刊行時のものです。