版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
さんぎゃ橋を越えて 若林 九里(著/文) - 柏艪舎
.

さんぎゃ橋を越えて

発行:柏艪舎
発売:星雲社
四六判
重さ 250g
170ページ
並製
価格 1,300円+税
ISBN
978-4-434-27212-7
Cコード
C0093
一般 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年3月25日
書店発売日
登録日
2020年3月6日
最終更新日
2020年6月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

北海道余市町に生きる少女・桂子と、彼女を軸に織り成される素朴で美しい日々。雪深い開拓地に暮らす苦しみ、親友との別れ。徴兵された父や叔父たち、それを見送った開拓一世の祖父母。戦争に巻き込まれる人々の悲哀が、純真な少女の目を通して語られる。

目次

さんぎゃ橋
登校の道
母と叔母さん
弾薬庫の爆発と敗戦
後ろの八重ちゃん
叔父さんの帰還
父の帰還
かくれんぼ
意外ななりゆき
友達
炭焼き小屋
変わり行く季節
返事がない八重ちゃん
雪の中の帰り道
さんぎゃの爺さんの家
朝鮮の人達
赤井川村のキミさん
生きていた母さん
子供の鬼
最後の復員、得一叔父さん
みちくさ
松の苗木
祖父の入院から
苦難の開墾
町の中学校へ
羊蹄山(蝦夷富士)
兄弟
大きな雪の結晶
虚無僧と祖母
下手物談義
思い出の登山
宝物

著者プロフィール

若林 九里  (ワカバヤシ クリ)  (著/文

北海道生まれ。
明治40年代に四国から開拓者として北海道に渡った祖父母と、開拓二世として北海道余市町で暮らす父母のもとで幼少期を過ごす。

上記内容は本書刊行時のものです。