版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
縄文人の日本史 澤田 健一(著) - 柏艪舎
.

縄文人の日本史 縄文人からアイヌへ

発行:柏艪舎
発売:星雲社
四六判
206ページ
並製
定価 1,300円+税
ISBN
978-4-434-26619-5
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2019年9月10日
最終更新日
2019年10月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-12-08 東京新聞/中日新聞  朝刊

紹介

これが本当の縄文時代だ!
今まで常識とされてきた縄文から続く日本の歴史は、本当に正しいのか?

縄文時代から連綿と続く日本の歴史。
一般に語られる事実に含まれる不可解な謎は、アイヌの視点を通すことにより解き明かされる!これまで考えてこられたアイヌ、縄文人、弥生人の関係を根底から覆す、現在の歴史観に一石を投じる渾身の書。

(本書「まえがき」より抜粋)
北海道の各地からは多くの縄文土器が出土している。 縄文時代から北海道には縄文日本人が住んでいたのは 厳然たる事実である。そこで自分の無知で全く見当外れの考えから「いつの時代からか突然アイヌという別人種が北海道に現れて先住民を主張するなら、アイヌこそ侵略者ではないか!」と反感をもったときもあった。実際、アイヌの祖先はヨーロッパ系だと信じられていた時期もある。(中略)しかし、それは完全なる誤りである。

目次

目次
はじめに アイヌとは
序章一 インディアンの祖先は日本人?
序章二 小さい田んぼ、太い田んぼ
一   縄文以前(旧石器時代)
二   DNAから見る縄文日本人
三   縄文時代のはじまり
四   縄文人のくらし
五   イノシシ祭り
六   クマ祭り、イオマンテ
七   縄文語、アイヌ語
八   縄文語地名と大和朝廷が名付けた地名
九   北海道の縄文遺跡
十   大川遺跡(余市町)
十一  海民
十二  共通する神話
十三  夷(えみし・えびす)
十四  素戔嗚尊
十五  蝦夷の反乱と日本武尊
十六  移民の受け入れと『郡』の設置
十七  続縄文時代
十八  揺らぐ流通体制
十九  大和朝廷の東国経営
二十  阿倍比羅夫の遠征
二十一 擦文時代のはじまり
二十二 擦文人への同化と『アイヌ』
二十三 擦文時代前半の国内情勢
二十四 擦文人の交易
二十五 オホーツク人・オホーツク文化
二十六 東北蝦夷の反乱
二十七 前九年の役
二十八 後三年の役
二十九 奥州藤原氏の繁栄と滅亡
三十  蒙古の日本侵略とアイヌの戦い
三十一 海民のたたかい
三十二 南北朝分断と倭寇の発生
三十三 南朝の衰退と「前期倭寇」
三十四 室町幕府の混乱と「後期倭寇」
三十五 アイヌと海民そして「和人」
三十六 コシャマインの戦いと北海道蠣崎家の成立
三十七 秀吉・家康と北海道松前藩
三十八 シャクシャインの戦いと松前藩の統治
三十九 江戸時代のアイヌの交易
四十  ロシアの東方進出とアイヌ
四十一 ロシアとの条約
四十二 伊達藩の北海道上陸とその後のアイヌ
余談
  死を恐れない徹底した戦い
  アマテラス系日本人とスサノオ系日本人
  蝦夷で初めての天下人
  義経大陸逃避説
  ささやかな考察
  日本後進論の影
  日本人の祖先は三ルートで進入したのか?
  弥生人は渡来人なのか?
  日本語はどこから来たのか?
  縄文時代の先端技術
  東北蝦夷はなぜ荒れるのか?
  邪馬台国は夷のクニ
  元朝秘史
  アイヌの信義・縄文人の信義
  飛騨屋だけが悪いのか?
  考察のおわりに
あとがき
縄文語句紹介
参考資料

前書きなど

はじめに アイヌとは

アイヌとはじめて出合ったのは小学校の授業であった。先生の話では「アイヌは数を数えられないので鮭十尾を和人に渡すとき、和人に『はじめ、一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、おわり』と数えられてしまい、二尾も損をしてしまう」と言うのだ。なぜかこの話が強烈な印象となって記憶に残っている。当時なにも分からない小学生にとって、アイヌとは数も数えられない未開で野蛮な原始人のように意識の中に刷り込まれてしまったのである。そんな出だしだったので失礼な言い方ではあるが、アイヌとはいったい何なのか分からぬままであった。
一方で、北海道の各地からは多くの縄文土器が出土している。縄文時代から北海道には縄文日本人が住んでいたのは厳然たる事実である。そこで自分の無知で全く見当外れの考えから「いつの時代からか突然アイヌという別人種が北海道に現れて先住民を主張するなら、アイヌこそ侵略者ではないか!」と反感をもったときもあった。実際、アイヌの祖先はヨーロッパ系だと信じられていた時期もある。彫の深いアイヌ美人を見ると、まるでハリウッド女優かのように見えてくる。正に日本人離れしており、ヨーロッパ系と言われると簡単に納得してしまう。
しかし、それは完全なる誤りである。それをはっきりと教えてくれたのは札幌大学の瀬川拓郎教授の著書である。瀬川教授が旭川博物館館長時代に著された『アイヌ学入門』(講談社現代新書)や『アイヌと縄文』(ちくま新書)など数冊を読んで衝撃を受けた。それまでの間違った考え方が完全に打ち砕かれた。江戸時代には上川アイヌだけで年間数万尾の鮭を出荷しており、二尾損した話とはスケールが違いすぎる。アイヌの前身である続縄文人や擦文人は、古代王権の絶対的権威の象徴である羆の毛皮を交易品として大和朝廷と取引を行い、貴重な矢羽となった大鷲の羽などの高価な交易品で武家社会と渡り合ってきた。武具や馬具の生産は、北海道からの動物皮や羽などの大量供給がなければ成り立たない。特に、高級品ほど北海道や千島列島への依存度が大きかったのである。
アイヌ時代に入ると北海道産の金を日本国内に流通させるだけにとどまらず、大陸にまで渡って交易を行ってきたのである。黄金の都として有名な平泉の繁栄も、その一端はアイヌがもたらす北海道産の金によって支えられていた。アイヌは米を作れないどころか、高価な交易品に加え砂金採取までしていたのである。米など欲しければ買えばいいのだ。アイヌの族長が所有する宝物は正倉院に収められている国宝級レベルであり、コメよりもよっぽど高価なものばかりだ。
そうした目で日本の歴史を見直すと今まで見えなかったものが見えてきた。モヤモヤしたものがスッキリとした。自分はそんな快感を得たので、それを歴史の流れに沿って書いてみたいと欲したのである。正当なアイヌの歩みを日本の歴史の中で捉えていく『縄文人の日本史』だ。物語調にして読み易さを最優先することにより、少しでも多くの皆様に縄文日本人から現代アイヌまでの道のりへの興味や関心が広まることを願っている。なお、詳しく専門的なことをお知りになりたい方は瀬川先生の著書を読まれることを是非ともお勧めする。



あとがき

考古学は地道な作業の積み重ねなのだと思う。それは気が遠くなるほどの大変なご苦労だと推察する。そうした研究を重ねられてきた学者の皆様への敬意を心より表する。筆者は学者ではない。これら書いたこと全ては、先人たちの研究の成果の積み重ねであり、そのご苦労の下に成り立っているに過ぎない。よって、新しい事実の発見などは一つもない。ただ、見方を変えただけである。
それは、ただの歴史好きが、今まで読んできたもの、調べてきたものを並べているだけなのだ。だが、並べ方や見方次第では、ストーリーは全く違うものになってしまう。そして、どう考えても、弥生人やアイヌが外来人であるということに納得がいかなかったのである。
今までも、歴史の本では「夷」「蝦夷」は普通に出てくるので、当然のように認識しながら読んでいた。しかし、それは常に断片的なトピックスでしかなかった。日本史の中で、単なる〝脇役〟でしかなかったのだった。
それが、蝦夷の側から見直すことによって、日本の歴史が面白いように繋がることに気が付いたのである。古代からの縄文人の歩みを知ることによって、日本史に深みが生じ、太い幹となったと自分自身が快感を得ることができたのだ。それを一つの物語として書いてみた次第である。
ところが、そうは言っても模範解答の無い、未知の取り組みであった。何度も具体例を入れ替え、話の流れを組み替える作業が延々と続いた。そのたびに原稿を書き直し、加筆修正のくり返しであった。そんな気が滅入るような作業に、気長にお付き合い頂いた山本哲平様はじめ、柏艪舎の皆様には心から感謝申し上げる。
書き終わってみて、読み直すと、一本の大きな流れを描けたのではないかと満足しているのだが、いかがであろうか。あとのご判断は、読者皆様に委ねることとしたい。


令和元年夏頃

澤田 健一

著者プロフィール

澤田 健一  (サワダ ケンイチ)  (

昭和39年(1964)札幌市生まれ。同志社大学工学部卒業。
既存の枠にとらわれず、歴史・考古学を独自に学ぶ。思いつくまま読み・調べ・歩き・聞き・見ることを旨とし、文献やデータを忠実に読み解き歴史の事実に迫ることを目指している。

上記内容は本書刊行時のものです。