版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
原発と日本の核武装 : 原子力事業のタブーを明かす 武田 邦彦(著) - 詩想社;星雲社
...

書店員向け情報 HELP

原発と日本の核武装 : 原子力事業のタブーを明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加
縦180mm
237ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-434-22046-3   COPY
ISBN 13
9784434220463   COPY
ISBN 10h
4-434-22046-2   COPY
ISBN 10
4434220462   COPY
出版者記号
434   COPY
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2016-9-25
登録日
2016年10月27日
最終更新日
2016年10月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

原子力研究者だった著者が、福島原発事故を引き起こしてしまった日本の原発事業の問題点を整理し、原発推進派、反対派それぞれの主張と、原発の本当の必要性を科学的に精査、原発と核武装の関係までを読み解き、なぜ日本がいまだに原発をやめないのか、その深層に迫る。

目次

第1章 原発事故、そのとき何が起こっていたのか
第2章 原発を再開したい人たちの本当の理由
第3章 原発に反対する人たちの本当の理由
第4章 技術的、経済的に見た原発の真の必要性
第5章 事故で明らかになった政府、マスコミ、専門家の無責任体質
第6章 福島に帰ることができるのか
第7章 原発と日本の核武装の必要性
第8章 日本が原発事故を乗り越えるために

上記内容は本書刊行時のものです。