版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
北の作家 書下ろしアンソロジーvol.2 utage・宴 東直己(著/文) - 柏艪舎
.

北の作家 書下ろしアンソロジーvol.2 utage・宴

発行:柏艪舎
四六判
並製
定価 1,470円+税
ISBN
978-4-434-14121-8
Cコード
C0093
一般 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2010年12月
書店発売日
登録日
2010年11月26日
最終更新日
2010年12月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

収録作品
● 東 直己  『満月の街と白い猫の店』
下町の居酒屋で出会った“トチオ焼き”の正体とは?
● 浮穴みみ  『薔薇園のマサコ』
真沙子は思い出の薔薇園でかつての恋人を待ち続ける。
● 桜木紫乃  『つがい』
互いに恨み恨まれながらも、鉄郎と雅美はつがいでいられるのか。
● 小路幸也  『My Wife and a Sketchbook』
ある日、佑子はマンションのベランダからUFOを見つける…。
● 柄刀 一  『流れ星』
おばあちゃんにとっての、流れ星の悲しい記憶とは?
● 中村 南  『おやつ』
不条理を描く、中村南ワールド全開の一作。
● 吉川千鶴  『幻灯』
昭和初期の小樽を舞台に、夜の街で生きる女性を描く。

目次

【目次】
満月の街と白い猫の店       東 直己 5

薔薇園のマサコ          浮穴 みみ 31

つがい              桜木 紫乃     59

My Wife and a Sketchbook     小路 幸也    85

流れ星              柄刀 一     123

おやつ              中村 南      153

幻灯               吉川 千鶴  171

著者プロフィール

東直己  (アズマナオミ)  (著/文

一九五六年札幌生まれ。本郷幼稚園中退、本郷小学校卒、東白石中学校卒、札幌東高等学校卒、小樽商科大学中退、北海道大学文学部哲学科中退。
現場作業員、ポスター貼り、調査員、ガードマン、トラック助手、編集者、広告営業、コピーライター、受刑者など諸職を転々。
一九九二年『探偵はバーにいる』(早川書房)で小説家としてデビュー。同作は、一九九三年『怪の会』激賞新人賞受賞。
二〇〇一年『残光』(角川春樹事務所)で日本推理作家協会賞受賞。

浮穴みみ  (ウキアナミミ)  (著/文

北海道旭川生まれ。千葉大学仏文科卒。数年間の関東暮らしを経て、現在は札幌市在住。
 『寿限無 幼童手跡指南・吉井数馬』で、第30回(二〇〇八年)小説推理新人賞受賞。著書に『吉井堂謎解き暦 姫の竹、月の草』(双葉社)がある。

桜木紫乃  (サクラギシノ)  (著/文

一九六五年釧路市生まれ。
裁判所職員を経て、二〇〇二年『雪虫』で第82回オール読物新人賞受賞。
著書に『風葬』(文藝春秋)、『氷平原』(文藝春秋)、『凍原』(小学館)、『恋肌』(角川書店)がある。

小路幸也  (ショウジユキヤ)  (著/文

一九六一年旭川市生まれ。札幌の広告制作会社に14年勤務。退社後執筆活動へ。
二〇〇三年『空を見上げる古い歌を口ずさむ pulp-town fiction』(講談社)でデビュー。著書に『HEARTBEAT』(東京創元社)、『東京公園』(新潮社)、『東京バンドワゴン』シリーズ(集英社)など。ほかに『うたうひと』(祥伝社)、『空へ向かう花』(講談社)、『brother sun 早坂家のこと』(徳間書店)などがある。

柄刀一  (ツカトウハジメ)  (著/文

一九五九年、北海道生まれ。鮎川哲也編集による公募アンソロジー『本格推理』シリーズ(光文社文庫)への参加を経て、一九九八年『3000年の密室』で長編デビュー。著書に『ⅰfの迷宮』(光文社文庫)、『密室キングダム』(光文社文庫)、『奇蹟審問官アーサー 死蝶天国』(講談社ノベルス)、『殺人現場はその手の中に』(祥伝社文庫)などがある。

中村南  (ナカムラミナミ)  (著/文

一九四七年北海道に生まれる。一九八九年より月刊文藝誌『北方文藝』に作品を発表。二〇〇三年に『昼の月』で第37回北海道新聞文学賞佳作。著書に『サイドショー』、『でぃすたんす』(ともに柏艪舎)などがある。

吉川千鶴  (ヨシカワチヅル)  (著/文

旭川市生まれ。生後間もなく上川管内美深町へ。一九八八年、苫小牧市へ転居し、自営業を営む傍ら執筆活動を行なう。二〇〇七年から札幌女性史研究会会員。二〇〇八年、『胡蝶の棲家』が第3回感動ノンフィクション大賞大賞受賞。著書に『胡蝶の灯り―昭和の花街で生きた母と娘』(幻冬舎)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。