版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
やってはいけない がん治療 岩澤 倫彦(著/文) - 世界文化社
..

やってはいけない がん治療 医者は絶対書けないがん医療の真実 完結

発行:世界文化社
四六判
縦188mm 横128mm
256ページ
定価 1,200円+税
ISBN
9784418204052
Cコード
C2077
実用 単行本 家事
出版社在庫情報
不明
発売予定日
登録日
2020年2月26日
最終更新日
2020年3月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

今や「2人に1人」ががんになる日本。
がん患者をだまして金を稼ぐ悪徳医師や、エビデンスに乏しい自由診療治療の流行、
SNSといった玉石混交の情報によって、多くの方が貴重な治療のタイミングを逃したり、命の危険にさらされたりしています。
本書は長年、数多くの専門家や患者・家族へ、取材を行ってきたジャーナリストである著者が、
最先端のがん治療や、一般人が誤解している医療の「真実」を明らかにしたものです。
がん患者やその家族はもとより、毎年がん検診を受ける一般の方まで、現代日本において必読の一冊です!!

目次

第1章 「近藤誠」を信じた患者の末路
第2章 知らないと後悔する「がん治療」の真実
第3章 信じてはいけない「代替療法&都市伝説」
第4章 つい信じてしまう「がんフェイク情報」の共通点
第5章 日本人の9割が知らない「がん終末期医療」の誤解
第6章 早期発見できない「がん検診」のカラクリ
第7章 ダメ医者にだまされない「賢いがん患者」術
コラム 新型タバコの実態、国立がん研究センター長に聞く など

著者プロフィール

岩澤 倫彦  (イワサワ ミチヒコ)  (著/文

ジャーナリスト、ドキュメンタリー作家 ノーザンライツ・プロダクション代表
1966年、北海道札幌生まれ。報道番組ディレクターとして救急医療、脳死臓器移植などのテーマに携わり、
「血液製剤のC型肝炎ウィルス混入」スクープで新聞協会賞、米・ピーボディ賞を受賞。
著書に『バリウム検査は危ない 1000万人のリスクと600億円利権のカラクリ』(小学館)、
『やってはいけない歯科治療』(小学館新書)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。