版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
箱根「竹仙人」の料理が世界に響いた理由 鈴木 角雄(著/文) - 誠文堂新光社
..

箱根「竹仙人」の料理が世界に響いた理由 箱根の繁盛旅館オーナーシェフ 四十五歳からの成功術

四六判
184ページ
定価 1,400円+税
ISBN
9784416919903
Cコード
C0034
一般 単行本 経営
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年3月24日
最終更新日
2020年5月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

高校卒業後、立身出世を目指して上京。
瞬く間に六本木で不動産業として成功し富を手に入れるが、バブル経済崩壊とともに奈落の底に突き落とされることに。
資産を損切りし、なんとか自己破産は切り抜けるものの、資産として残ったのは、高齢の大家さんたちを温泉で労おうと大蔵財団から購入していた箱根の瀟洒な旅館だけ。

そこで一念発起、旅館の本格経営に臨むも、そこにもいばらの道が待ち受けていた。
板前との確執や温泉地ならではのトラブル……。
切羽詰まった挙げ句、自ら料理人になる決断をしたのは45歳のこと。
包丁を握ったことすらなかった中年男の大挑戦が始まった――。

現在は、自ら作った竹細工の器に創作料理が人気のオーナーシェフとして成功をおさめている。
毎日、オーナーが打つ十割蕎麦と竹細工の器で飾られた創作料理は、政界、学会の要人はもとより、海外からの観光客にも脚光を浴びている。

■目次
はじめに

第一章 バブル経済時代の不動産業
九人きょうだいの末っ子は自由の身/東京・六本木で富をつかむ /「億」単位の仕事が日常に/バブル経済が崩壊――損切りの苦しい決断

第二章 旅館経営の本格始動~失態編
大倉喜八郎の元別荘/旅館業を本格化させて驚いたこと/旅館の板場と接客の実態/売上げが半減、最悪の旅館に

第三章 「よし、俺が料理人になる」
四十五歳からの大挑戦/どん底からの巻き返し/考えるよりまず「蕎麦を打とう」/ジャパニーズ・ソウル・ヌードル/波に乗ったもう一つの理由――竹仙人になる!

第四章 見果てぬ志のゆくえ
かけがえのない出会いに恵まれて/「おもてなし」の心は国境も越える/そしてバトンは次世代へ/最後の志は「みんなのためにお寺を興す」

特別編 未来に伝えたい和文化の創作料理
次世代に託す料理のレシピ

【寄稿・紫雲荘のお客様より】
おわりに
巻末付録「季節の料理と紫雲荘」

**********************************

目次

はじめに

第一章 バブル経済時代の不動産業
九人きょうだいの末っ子は自由の身/東京・六本木で富をつかむ /「億」単位の仕事が日常に/バブル経済が崩壊――損切りの苦しい決断

第二章 旅館経営の本格始動~失態編
大倉喜八郎の元別荘/旅館業を本格化させて驚いたこと/旅館の板場と接客の実態/売上げが半減、最悪の旅館に

第三章 「よし、俺が料理人になる」
四十五歳からの大挑戦/どん底からの巻き返し/考えるよりまず「蕎麦を打とう」/ジャパニーズ・ソウル・ヌードル/波に乗ったもう一つの理由――竹仙人になる!

第四章 見果てぬ志のゆくえ
かけがえのない出会いに恵まれて/「おもてなし」の心は国境も越える/そしてバトンは次世代へ/最後の志は「みんなのためにお寺を興す」

特別編 未来に伝えたい和文化の創作料理
次世代に託す料理のレシピ

【寄稿・紫雲荘のお客様より】
おわりに
巻末付録「季節の料理と紫雲荘」

著者プロフィール

鈴木 角雄  (スズキ カクオ)  (著/文

■鈴木 角雄(スズキ カクオ)
株式会社ホテル紫雲荘 代表取締役社長。オーナーシェフ。六本木・不動産業の株式会社角井代表取締役。宅地建物取引士。静岡県三島市出身。
高校卒業後、洋服店勤務のため上京。その後、不動産業に転身し、宅建取得後に株式会社角井を創業。バブル景気の最盛期に創業したため、一時期の法人総資産は200億円を超えた。
平成初旬にバブル景気が崩壊し、不動産業を縮小しながら神奈川県箱根・塔ノ沢温泉にて旅館紫雲荘を開業する。
45歳で調理師免許を取得し、自ら厨房に立ち繁盛旅館にまで成功させた。
毎日、手打ち蕎麦を打ち、自ら竹林に入り竹を切ってきては工房で竹細工の器を作り、その器で創作料理を出すことから、いつしか「竹仙人」と呼ばれるようになった。
政界、学会の要人ばかりでなく、訪日外国人観光客からの人気も高い料理旅館のオーナーシェフとして忙しい日々を送っている。

上記内容は本書刊行時のものです。